愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小2育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

親子でナゾトキ番組&ひらめき系ゲームにハマる

最近ハマっているのが
親子で「ナゾトキ」をすること。
(ひと昔前は「脳トレ」って言っていた
気がするんですけど、今は「ナゾトキ」
って言いますよね(;´∀`))

アニメ「ポケットモンスター」の
ポケなぞを一緒に解いたり。

f:id:lirlia:20200422173113j:plain

おはスタ」のナゾトキ学習も
毎日チャレンジしています。

ソース画像を表示

当初は全く歯が立たなかった息子が、
小2になり漢字の問題も解けるように
なって、面白さが増す今日この頃です。

 ナゾトキ学習の本は、
書店で立ち読みしたら
息子にはちょっと難しそうだったので
購入は控えましたが、次出る本は
買ってあげられそうな気がします。


再放送していた謎解きクイズ番組も、
クイズの難易度がちょうどよく
気に入りました。
来週もまた再放送するようなので、
しっかり録画予約しておきました。

www.tv-asahi.co.jp


テレビを観ていたら、
ニンテンドーSwitchの
新ソフト情報に目が釘付け!

「ことばのパズル もじぴったんアンコール」!
我が家にはボードゲーム版の
もじぴったん」があるのですが、
これは絶対、Switch版の方が楽しいと思います。

ボードゲーム版は
文字カードを置く配置シートがペラペラで。
折り畳んで箱にしまうため、
折り跡がもともと付きまくりで使いづらく、
我が家では捨ててしまいました💦
今は文字カードだけで遊んでいます。

「Switch版いいなー!
無料版アプリないかな?」
と探してみましたが、
もじぴったん」のスマホ無料アプリは
今はもう遊べないようです。残念💦

代わりに、とっても似たアプリを
見つけたのでダウンロードしてみましたが
これが思った以上に良い内容でした。

もじさがし

もじさがし

  • Kyohei Yoshida
  • ゲーム
  • 無料

もじぴったん」は
言葉を自分で作っていくため
低学年で語彙力も低めな息子には
ちょっと難しい…。

でも、「もじさがし」は
「やさい」や「ぶんぼうぐ」など
決められたジャンルの言葉を
探すゲームなので、
こちらの方が断然息子向き!

ヒントボタンを押すと、
答え一覧が出るので
あとは言葉を探すだけ。
それでも下から上に書いてあったり、
くねくねと配置されているので
けっこう頭を使うようで。
いいトレーニングになります。


息子は「概念」も苦手で
「文房具の仲間は?」と言っても
スッと出てこないので
概念の訓練としても使えます。


途中で広告が流れるのですが、
「もじさがし」の
もっと難しいバージョンのアプリや
四字熟語を探すアプリなど
関連アプリの広告が。
ゆくゆくは難易度の高いものも
挑戦したら国語力もアップしそう…
と今から企んでいます。

 

暗記系の勉強も必要ですが、
これからの時代はこういった
「ひらめき系」も大事になってくると
思うので、松丸君のように
「ひらめける子」になって欲しい。
単に松丸君ファンと
いうこともあるけれど笑

親子の会話も増えるので
10歳ごろと言われる
プチ反抗期防止としても
ナゾトキを活用させてもらおうと
思っています。

お題「気になる番組」