愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小3育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

子ども足サイズ計測サービスから始まり、ウイルス性イボ治療に至るまでの話

子どもの足サイズに合う靴がようやく見つかり
ホッとしても、あっという間に
「あれ、また小さくなってる?!」
と振り出しに戻ったような感覚に
戻るのが子ども靴。

成長しているのは嬉しいし、
前回より0.5~1cm大きい靴を
買ってあげられることは
喜びでもあるのですが…、
店頭でよく売られているような
スニーカーが苦手な子だと
本当に大変(;^_^A

それに加えて今回は、
息子の足に異変が起きたことから
思いもよらない結末になった話
についてです。


◆子ども 魚の目発生?!
そろそろ次の靴を買わなきゃなぁ
と思っていた矢先、
息子の片足の裏側に2つ、
魚の目らしきものが出来ました。
つま先で立ったときに
床と接するような位置に2つだったので、
「靴が合ってないんだ」
「サイズアウトしてしまったんだ」
と判断。

今履いている靴自体は、
私がインターネット通販で
購入したものだったので
余計にそういう気持ちになってしまいました。

 

◆子ども靴 計測できるお店 
都心には少ない現実

「久しぶりにシューフィッターさんに
計測してもらおう」と
子どもの足を計測してくれるお店を
探してみるのですが、
特に都心でそういったお店が少ない💦

精密な計測器がありホームページ上では
「お子様の足を計測できます」
と書いてあるお店でも、
電話で問い合わせみると
「計測できますが正確ではないです」
と「???」な回答。
「うちの子、横幅が広いみたいで…」と言うと
「子どもはみんな横幅広いですよ」とのこと。

「子ども靴 計測ならゲンキキッズがいい」
と口コミでもよく出てきますが、
都心に店舗がない😢

www.moonstar.co.jp

あれこれ調べて、これまで
行ったことのなかった
伊勢丹百貨店のシューフィッターさんに
計測してもらうことにしました。


伊勢丹新宿本店 足のサイズ計測サービスを予約してみた
予約はweb・アプリで出来ました。
(変更キャンセルはネット上で出来ず電話のみ)

【事前予約】子供靴 シューカウンセラーに
足のサイズ計測サービス | スクール子供雑貨 |
伊勢丹 新宿店 | 三越伊勢丹店舗情報

www.mistore.jp

天下の伊勢丹ということで、
早めに待ち合わせ場所に到着するも、
声を掛けてもらえたのは
時間を過ぎてからでした。
靴試着用の椅子も
コロナ対策で座れないようになっていました。
(予約者だけが座れる椅子はある)

店頭の番号発券機で予約もできますが、
やはり事前予約はしておいてよかったです。
待っている間に店内を見て回ると一抹の不安が。
思ったより靴の種類が少ない…。
伊勢丹だから充実していると思い込んでいました。

シューフィッターさんと
対面して早速計測。
計測方法は木製の計測器で。
cm単位での計測です。
(ちなみに小田急百貨店
片足ずつミリ単位で計測してくれて、
「子ども靴メンバーズカード」を
作ってくれたので履歴が残ってよかった。
計っても忘れてしまうので)

魚の目が出来たと相談すると、
原因は靴の中で足がズレるからだということで
マジックベルトタイプの靴を選んで、
バックヤードから持ってきてくれました。


しかし!これまでマジックベルトタイプは
どんなにしっかりくっつけても、
歩いてしばらくすると
剥がれてきてしまうので
ここ1、2年はスリッポンタイプを
選んできました。

1本マジックベルト、2本マジックベルト、
さまざまなスニーカーを
試着させてもらったのですが
足の甲が圧迫される感覚が苦手らしく。
予想通り、スリッポンタイプは
ほとんど置いていないとのことで
購入することなく終了💦

シューフィッターさんに魚の目について聞くと
皮膚科推しな説明。
なんとなくこの言葉にひっかかりを感じて、
「子ども 魚の目」と検索すると、
子どもの足には魚の目はできないとのこと!
ウイルス性のイボです、うつります、
と書いてあって
慌てて皮膚科へ。
シューフィッターさん=子どもの足の専門医
くらいに思っていたのですが、
資格の一つ程度のものみたいです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

もちろん優秀なシューフィッターさんも
いるとは思いますし、
ベルトタイプの靴が好きなお子さんなら
スムーズに好みの靴が見つかったと思います。

 

◆魚の目、ではなくウイルス性イボの治療
日を改めて皮膚科へ。
見てもらうとやはり魚の目ではなくイボとのこと。
イボは正式には「ウイルス性疣贅(ゆうぜい)」と
言うのだそうです。
傷やささくれからうつっていくそうで、
看護師さんも「この前、手の指に出来て…」と。


治療法は液体窒素スプレーを当てるのみ。
冷たいを通り越して痛いようで、
息子、痛そうにしていました。
しかも1回の治療ではダメで、
週1で通う必要があるとのこと。
夏休み中に知ることが出来てラッキーでした。

頂いた資料を読むと、足裏にできるイボは
「足底疣贅(そくていゆうぜい)」と言って、
踏みつけられるため皮膚にめり込んでしまって、
魚の目みたいな見た目になってしまうようです。
(「ミルメシア」とも言うらしい)

 

f:id:writerami:20210727110414j:image

液体窒素の治療も痛いのに、
頭皮に出来たおできの治療ため
極太針を頭に刺して、もう身体ボロッボロの息子…。

 
頭にバンドエイド!☟

f:id:writerami:20210727110431j:image
数日前には腹痛で病院にも行っているし、
なぜこんなに一気に病気が?!
息子の身体の免疫が
グッと落ちてきた気がします。

この夏休みにしっかり養生して
身体を整えつつ、
子どもに合った靴も
見つけていきたいと思います💦