愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小1育児ing。話題のスポットも好きだけど、穴場な遊び場を探すリサーチ好き。

越後湯沢②高原リゾートで遊び尽くす夏

2年連続の越後湯沢です。

f:id:writerami:20190808105355j:plain

何度も同じところに来るデメリットと
して「飽き」がありますが、メリット
としては「見通しが立てやすい」
という点もあります。

最後まで迷っていたエンゼルグラディア。
2019年はブーメランスライダーがお目見え
していてこれも気になった!

ã¦ã©ã¼ã¿ã¼ã¹ã©ã¤ãã¼ï¼å¤§ï¼

けれど、越後湯沢の地元プール
「レジャープール オーロラ」から行くには
一旦、駅まで戻らなければいけないので
駅から近いナスパニューオータニに
宿をとりました。

◆ナスパニューオータニに泊まってみた
駅からシャトルバスで山を登っていくと
数分で到着。待つことなく瞬時にチェックイン、
ボーイさんに荷物を運んでもらい優雅な気持ちで
お部屋へ…。
「このホテルはバブルの時に建てたんですよー」
なんてプチ情報も教えてもらいましたw
(このボーイさんの説明、慣れ慣れし過ぎず
かといって堅苦しすぎず、立ち去り方も
完璧…)

○お部屋
リニューアルしたばかりなのか、とっても綺麗!
お部屋の色合い、家具類など全体の雰囲気が
ラグジュアリーに統一されていて♡♡

 

f:id:writerami:20190808134148j:plain

(広すぎてカメラに収まりきらず)

 

子ども用の簡易、といってもしっかりした造り
のベッドまで用意してくれていて驚きました。
予約したお部屋はエアウィーブを使用。


当初はあまり興味なかったのだけど、
実際寝てみたら…
疲れが取れる、取れる!!
空に浮かんでいるような、疲れが蒸発していくような
そんな感覚。(本気で欲しくなった)

 

  
旅行2日目の朝もスッキリ目覚めることが
できました。

○食事
バイキングを選択。
人はたくさんいるけれどそれ以上に広い
ので全く気にならない。天井からはシャンデリア。

 

 f:id:writerami:20190808135236j:plain


「これはいい!」と思ったのが、

・「和食」「洋食」の矢印看板
ムダに動き回る必要がなく助かりました。

・新潟の郷土料理
年をとったせいか、疲れていたからか
漬物なども美味しい!
少しずつ味見できるので
「ちょっと食べたみたい」が実行できる。

・さすがホテル。スイーツのレベルが高い!
普段、ケーキとかあまり食べないのに
ほぼ全種類制覇しました。
ショートケーキはスポンジまでふんわり。

カニも食べ放題。切れ目が入れてあって
食べやすい。カニの足は細めだけれども
解凍の仕方が上手なようで、味はいいとのこと。
パパも子どもも大ハマリしていました。

ここでも、ちまっと料理が残っているなんて
ことはなく。バイキング一家としては
大満足でした。


○お風呂(温泉)

それなりにたくさん温泉に入って来ましたが、
たぶんナンバー1ともいえるくらい脱衣所が
綺麗!!!
時間限定ですが、バブルバスもあって
疲れがとれました。
洗面のところにはBBクリームまで置いてあって
使ってみたらすごくよかった…。


○イベント&アクティビティ
ホテル横にアクティビティがあります。
まずはお目当ての「スプラッシュスライド100」。
1回700円とお高めですが、私たちは1DAYパス付き
のプランで申し込んでいたので家族全員で楽しみました。

直線でここまで長いコースは初めてかも?!

 

f:id:writerami:20190808134536j:plain

 

アルプの里のスライダーも滑った経験がありますが
あれより長いように思いました。
まず頂上に上るまでに一苦労。
裸足で行ったら足裏が焼け焦げ寸前だったので、
サンダル推奨!脱げやすい人はサンダルを
手で持って滑っていました。
物凄いスピード、疾走感に夏の暑さも忘れます。

実は相模湖プレジャーフォレストを
また行こうかとも思っていたのですが、
こちらの「じゃぶじゃぶパラダイス」…。

ããã
有料休憩席以外は、日陰がない!!
せっかく行くなら長く遊びたいので
今回は諦めました。
プレジャーフォレストも好きなんですけどね。


その点、ナスパはハンモックでゆらゆらしながら
日陰で休憩もできました。

 

 f:id:writerami:20190808135450j:plain



次は+1チケットでホテル内のプールへ。
本来は有料なので数えるほどの人数。
プライベートプールというかんじで
雰囲気がこちらも良かった!

ハーブサウナからこぼれてくる香りの
おかげで、プールに入っている状態でも
アロマテラピーをしている気分でした。


◆終わりに
たっぷり遊んで疲れたので、
シャトルバスに乗って越後湯沢駅へ。
ちょうど雨と雷が局地的に?!
新幹線の時間を早めて帰っている家族、
我が家以外にもいました。

直前予約だったので、どうなることかと
思った旅でしたが最終的には大満足で
幕を閉じました。

高原リゾートは
・人が少ない、穴場
・自然に癒される
・一日中晴天ではないが、
その分暑くなり過ぎない
・並ばずに済む
・サービスに対して
リーズナブルに楽しめる

高原・山リゾート全てに当てはまるわけ
ではないと思いますが、こんな特徴が
あるように思います。

というわけで来年も山のリゾートホテルに
行ってしまいそうな予感です。