愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児について。また、子どもとのお出かけレポート(口コミを含み体験日記)

就学前の親子の変化、悩み

早い学校だと10月には就学前健診があり、
子どもたちもかなり小学校を意識しはじめます。
登園中に小学校に行って、小学生と触れ合う時間
もあったりしますし。

そういうこともあり、子ども同士でも
同じ小学校の子同士つるんでみたり、
自分のお家に誘ってみたり、という現象が
最近起きつつあります。



息子が小学校のお友達を家に呼びようになったら、
毎日、部屋の綺麗をキープしておかないとなと
今から戦々恐々としております;

それにしても小学校問題は、
結構人生左右されますよね。
 

「あの学校は〇年のクラスが授業にもならないくらい
荒れているらしい」「この学校は〇年にいじめっこがいる」
など、色々具体的な噂も耳に入って来ます。
当初はうちの子が行く学校のウワサ話ばかり聞いて
不安だったのですが、別の学校のウワサも最近は
入ってくるので
「どっちもどっちだし、もうなるようになるしかないな」
と腹をくくっています。

我が家の場合は、療育に通うグレーっ子ですので、

・通級に行くのかどうか
・学童期療育なのか?放課後デイなのか?
など、さらに悩みが加わります;
さぁ、どうなるか…。

 

最近、我が家ではお風呂に入ったときに
湯気で曇った鏡にフルネーム書く練習をさせています。
数日やると息子本人もルーティン化されたようで、
何も指示しなくとも自分からやりはじめる姿が。
勉強っぽくなく、遊び感覚で出来るのでおすすめです。

そして先日、勉強机が届いたので
ノートに毎日名前を書こう!ということにしました。
毎日書いていけば、後日振り返ったときに
どれだけ上手になったか軌跡も視覚化できると
思ったので。勉強机があると、親子共々
俄然やる気が湧き出てくるから不思議なものです。