愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児についてです。

子どもの睡眠の悩み解消法 ~いつになったら早く寝てくれる?昼寝はいつまで?賢い寝かしつけ法や寝かしつけにかかる時間について~

 

◆授乳中の睡眠の悩み、私はこう解消した

授乳中、夜中も3時間おきに添い乳していたため

私はずっと寝不足。日中もフラフラしているような

状態でした。

卒乳したら、朝まで起きずに寝てくれたので

涙が出るほど嬉しかった!

夜間の授乳がつらいという方は、早めの卒乳、

または授乳を日中だけにする、を

検討してみるのも手かもしれません。



◆子どもの昼寝、いつまで?昼寝のデメリット

夜までは起きずに寝てくれるようになりましたが、

昼寝をしていた頃(年少さんくらいまで)

は昼寝が長引いてしまって、夜の入眠が遅くなることも

ありました。19時くらいに

ようやく昼寝から覚めることもありました。

なので、22時、23時になっても

「まだ寝ないんかい?!」ということも。

トータル時間としては睡眠時間がとれているので、

寝不足になることはなかったです。

毎日生活リズムが一定でないのは今振り返ると

よくなかったかなぁとも思うのですが、放っておいても

寝てしまっていたので、もうしかたないというのは本音でした。

「いつ生活リズム、安定するのかなー」と自然の摂理に

お任せしておりました。


 

◆子どもが昼寝を卒業してからの悩み。早く寝かしつけるには?

年少さんの終わりごろから「昼寝しない!」と言うようになり、

相当疲れている時でない限りは昼寝しなくなりました。

その頃は私の家事を全て終わらせてから一緒に寝るように

していたため、ついつい寝るのが遅くなることも多かったです。

 

しかし昨今の「睡眠負債ブーム」!

子どもに必要な睡眠時間を聞いて驚きました。

添い寝の功罪 日本の子どもの睡眠は超短時間|ナショジオ|NIKKEI STYLE

就学前の児童は10時間~13時間寝るのが望ましいそうです!

つまり、7時に起きるなら21時には寝ないといけません。

ということで、21時に布団に入るのを目標にしたところ

みるみるうちに早く寝てくれるようになりました。

おすすめなのは、「一度でいいから超~~~~早く布団に入って

みる」こと。そうすると、自分の子どもが何時に眠くなるのかが

判明できます。

我が家は、19時半から布団に入ってみたことがあります。

はじめは「眠れないよぅ~」などと言っていたのですが、

20時半になったら寝てくれました。

それ以来、20時半過ぎると眠そうにしていました。

なので、私も家事をやり切る前に寝かしつけを優先することに。

すると、それまでは寝かしつけが30分程度かかっていたのが、

早い時には0分に!!

「ちょっと布団で横になって待っててー」なんて言ってる間に

寝てくれました。



◆子どもの寝かしつけにかかる時間について


振り返ると、卒乳したばかりの時には寝かしつけに1時間以上

かかっていましたが、成長と共に段々と必要時間が減っていきました。

年単位で、じわりじわりと減っていったように思います。

 

↑これ、今、寝かしつけに困っているママにぜひ

知っていただきたいです。

我が家では、4歳半過ぎてようやく寝かしつけの手間0、

という日が出てくるようになりました。

もちろん個人差はあると思いますが。


◆寝かしつけに手がかからなくなってきた今だからこそ
 心がけていること

寝かしつけに手がかからなくなってきた今日この頃。

心がけているのは、「子どもを寝かしつけたからといって

夜更かしし過ぎない事」です。

ママの立場からすると

「やっと寝てくれた。キャッホー!!」と

夜を楽しんでしまいがち。

なのですが、たっぷり寝た子どもは朝早くに

 

(`・ω・´)シャキーン と覚醒してしまうので

「ママもうちょっと寝たいの」なんて通用しない;

=朝以降、ママがつらくなってしまう…。

寝かしつけてからの夜を満喫し過ぎて、睡眠時間が

短かった時期は1か月に1度は風邪を引いてました;

私自身ぐっすり寝るようになってからは、

体調維持もできるようになったので、自分自身も睡眠時間を


確保するよう心がけています。

 

 

というわけで、そろそろ寝ようと思います。

皆さまもどうか良い睡眠を。

GOOD NIGHT

 

もしも子どもがお友達に暴力を振るったら?被害者側になって初めて気付いた、「誠意ある謝り方」が大事なわけ


◆息子が暴力を振るわれた

ある程度フェイクをかけなければいけないので、

詳しくは書けないのですが、

端的に言うと息子がお友達に暴力を振るわれました。

大人でもやられたらかなりいやな暴力です。

怪我がなかったのが幸いですが、

もし私自身がやられていたらきっと怪我していただろうし

息子の気持ちになっただけでも、つらい気分になります。

その事がきっかけで息子は相手のことを嫌いとまで、

はっきり言うようになりました。

私自身もそれは仕方ないかなと思いますし、未だに

相手を許せていない部分があります。



◆加害者を許せない理由

例えば普段から仲良くさせてもらっていて、

何かの拍子で間違えてやってしまったというなら

私だってここまでモヤモヤしていないと思います。

そのお子さんとは毎週会う機会があるのですが、

都度、息子がやられていやなことをされていました。

当初、「相手のお母さんが止めてくれるのかな?」

と様子を見ていたのですが、はじめは何も言ってくれず

「えっ…。」って感じでした。

週を重ねるごとに「〇〇くん、やめようね」と言ってくれる

ようにはなりましたが、かなりのやんわりトーン。

でも、色々事情もあり私は寛容な姿勢をとっていました。

それでもやはり毎度同じことの繰り返しなので、

今振り返ると私自身、段々とそのお友達と会うのが

嫌になっていたように思います。

そこにきてこのトラブルだったというのと、

私が息子をしっかり見ている目の前でやられた

ことだったので、確信犯という部分で苛立ちが

あるのです。


◆謝罪を受けたけれど私が許せない理由

親子で謝罪(といっても、「ごめんなさい」と言う程度)

していただきましたが、

しかたなく許し、笑顔(といっても苦笑です)

を見せた私に安堵したのか

うちの息子の怒る様子にクスッと笑う相手のお母さん。

正直、そこでイラッとしました。

「許しました」「この件は終わりました」

と線引きするのは私側であって、そちら側では

ないと感じるからです。

帰宅してからもその行為にずっとモヤモヤしていて、

じゃあどんな謝り方ならいいんだろうと考えたときに

よくある「平謝り」です。

「すいません、本当に申し訳ありません。

〇〇くんっ、大丈夫だった?!?!?!」

「え、えぇ・・・。」

「本当に申し訳ありませんっ!〇〇くんごめんね」

~ずっと謝り続ける~

「もう、大丈夫ですよ」

↑はい、ココっ!!!


時に「もうイイですっ(怒)!」と


場合によっては相手が怒ったまま

終わることもありますが、相手が

「いいです」と言うまで謝るのが誠意だと

思います。

また、相手が「いいです」と言ったからと言って

「ヨッシャ、ラッキー♪」(キューレンジャー風に)

的な態度をとるのは誠意ある対応とはいえないと思います。


私自身、今回の経験で適切な謝り方の大事さを痛感しました。

今後、謝り方も、危険なことをしてくるお友達にも

十分注意したいと思います…。

発達クリニック 先生との面談にて気付いた食育観:作ったものを食べさせる、でなくたっていい。楽しめばいい。


◆発達クリニックに定期通院する理由

 

今日は発達クリニックにて定期面談でした。

ママ同士でもなく、幼稚園の先生でもない。

小児科であり精神科の医師でもある先生と

 

1対1で話せる時間には気づきも多いです。

当初、「病院行ったほうがいいよ」

と先輩ママに言われても、その意味が分からなったのですが

成育歴を残しておくことは後々大事なのだそうです。


◆我が家の珍しい食事法を認めてくれた先生

我が家の場合、毎回の食事では出したものを食べさせるのではなく

「どれ食べたい?」と子どもに聞いた上で用意します。

勝手に作って出してもまず食べないからです。

二度、三度と作り直すと時間も手間も食材もムダにしてしまうため

そんなやり方に落ち着きました。

でも、今までそんなやり方している人聞いたことないし

大丈夫なんだろうかと不安でした。

先生は「ある程度、お母さんが主導権を握ってますよね?

これとこれとこれのうち、どれが食べたい?と聞いているわけ

だから。なのでいいんじゃないですか」と言ってくれました。


「先生から肯定される」。

これほど安心することはないと思います。

いつもどこかでうしろめたさや、これでいいのだろうかという

不安感がつきまとっていましたが、少しだけ楽になれた気がします。

また、先生からは

「もっと楽しくやってみたら?」と言われてしまいました。

傍からみると、私、楽しくなさそうなのかな;

たしかに、これまでは不安でしょうがなかったので

これからは少し楽しめるかもしれません。



◆子どもと一緒に食事する、はやっぱり大事

何かと認めてくれる先生ではありますが、

しっかりはっきりNOと言ってくれるときもあります。

言う時は言う、という人。カッコいい。

 

「子どもと別々に食べてもいいのでしょうか?」

と聞いたら、それはやっぱり孤食につながるし

よくないようです。

少しでもいいから。食べる真似でもいいから。

一緒に食べたほうがいいとのこと。

息子が食べられる範囲があまりにも狭いので、

別々のものを食べることが多いですが・・・。

なるべく頑張ってみようと思います。

そういう意味ではパパの方がよっぽど食育してる。

ラーメン作って「食べる~?」と子どもをしょっちゅう

誘っているのだから。



◆家庭の食育で悩んでいる方へ

私のように子どもの食事・食育について密かに

悩んでおられる方はとても多いと思います。

「野菜を食べない」「周りの子どものような食生活じゃない」

など。

食事ってイメージ的にがっちりパターン化されているものだけれど、

(1日3食、栄養バランスよく、しっかり噛んで・・・)

パターン化しているのってよっぽど大人の仕業。

日本では白米にお味噌汁が当たり前だけど、アメリカはパンに牛乳

(?)※イメージです

が当たり前。それでもみんなすくすく大きくなっている。

何かをしっかり食べていれば大丈夫!

我が家なんて、おそらくお菓子で栄養とってるんじゃないかなぁと

思います;;

 

それでも、息子と私なりの食育を楽しく開発していきたいと

思います!(と、今日改めて思いました)

さぁ、ご飯作ろう…。

偏食っ子の食事生活


◆子どもの偏食が発覚したのはいつ?

息子は超偏食です。
野菜は基本食べませんし、
出されたものもほとんど食べない。
レストランのキッズメニューなんて無理。

偏食に気付いたのは離乳食後期くらいから
幼児食に移行するころでした。

とにかく何を作っても食べない!!
当初は「栄養のために」といろいろ
作っていましたが、食費も時間も限界があるわけで。
そこで私は諦めました。

 

◆偏食っ子への食事対応 ~我が家の場合~

 

毎回、事前に作らず、朝の時点で
「何食べる?」と聞いてから用意をします。

いくら食パンが食べられるといっても、ずっとは飽きるようで。
またその時々で「食べたいモノ」が一番食べられるものだと
思うのでそういうシステムに落ち着きました。


自閉症スペクトラムである我が子は、視覚優位なので
なるべく口頭ではなく現物を見せながら
「どれにする~?」と聞いています。

なかなか食べられない時には、
ご褒美にお菓子やデザートを用意して
「ふりかけご飯を食べられたら食べていいよ」
というルールにしています。

それでもだめなときには
まず1コお菓子を食べてから・・・
というときもあります。


「それじゃあ本来の食事が食べられないじゃないか」
というご意見もあると思いますが、そもそもほとんどの
食べ物が食べられないので・・・。

もうお菓子でも何でもいいから栄養を吸収して!
という思いで一杯です;

 

 

◆工夫しよう。偏食っ子のおやつ

 

「おやつ」と一口に言っても、スナック菓子もあれば
健康的なお菓子もあります。
例えばカロリーメイトや栄養クッキーなら、
栄養バランスもいいのでおすすめです。

野菜が食べられる子であれば、ふかし芋や
とうもろこしをおやつにするのもアリ。

特に子どもはまだ胃が小さくて
少しずつしか食べられないので、
1日に何度もお腹減ったーと言われますよね。

毎回栄養のあるものを出すのも難しいですし、
そのあたり親側もバランスよく対応してあげると
いいのかなと思います。

 

 

◆偏食っ子への対応の仕方

発達障がいが伴う偏食のお子さんに
「あれ食べよ、これ食べよ」と言いすぎてしまうと
食事自体が嫌いになってしまうこともあるので、
まずは「食べる楽しみ」を奪わないように配慮することが
大切だと思います。

ふとしたタイミングで食べられるものが増えることも
あるので、諦めず色々な食べ物と出会う機会を

設けるとよいのかも、と思います。
我が家は外食も積極的にします。

 

 

◆子どもの偏食、どこまで続く?

もうすぐ5歳の息子ですが、
変化は・・・あまりありません。
「小学校に行ったらどうするのやら」とも思いますが、
成長と共に舌が鈍くなって、いろいろ食べられるようになると
いいなと思っています。


子どもの偏食は誰に相談しても
「いつかは治る」「心配しなくていい」
と言われますよね。
でも心配、というより私はストレスでした~;



ちなみに。
「うちの子も食べないのー!」と言い合えるような
ママ友がいるのが、私にとっては一番ストレス解消できました。
そういう意味でも、療育はありがたい場であります。

療育関連の「不安」は2種類あると気付いた日。

昨日は療育ママの会合でした。
子供の自閉症について不安を抱えているママがいたので、
アドバイスをしたのですがなんとなく相手に響いていなくて
変な空気になってしまい「あれ?」と思いました。

なぜだろう。
逡巡してみた結果、療育や自閉症関連の母の「不安」は
2種類あると思ったのです。


①「不安」を共感して欲しい
不安な気持ちをただ話したいだけ。
色々な事情があり、すぐに動けない状態だったりもする。
本人は「不安」と思ってはいるものの、不安にもレベルはある。

周囲が思っているほどその不安レベルは高くない可能性アリ。


②「不安」を解決したい
具体的アドバイスを求めているタイプ。

発達テストはどこで受けるの?
何歳から受けるの?
などと質問が具体的。


なので、不安を共感して欲しいだけの人に

アドバイスを一生懸命伝えても良し悪しなのだなぁと
感じました。
今後は相手がどちら側なのか見極めて話したいと
思うけれど、ママ同士の会話が大概が①のことが
多いのかもしれないとも思うのでした。

とすると、あまり真剣に話を聞きすぎるのも
考えもの?
「うん、うん」と真摯に聞いてあげることが
一番なのかもしれませんね・・・。




もしかして白斑?!と思ったら「はたけ(顔面単純性粃糠疹(がんめんたんじゅんせいひこうしん)」だった話

 

赤斑?から白斑へ

 

実は1年以上前から白斑の赤バージョン、つまり赤斑?!

(いや、医学用語的には知りませんが赤い斑ってことで)

が出来ていた息子。

風邪などで小児科を受診した際についでに先生に診てもらい、

塗り薬をもらっていました。

冬は乾燥するためこまめに塗っていたものの、最近は見掛けなく


なってきたので塗るのをお休みしていました。


と、夏になり少しずつ白い斑かな?と思われるようなものが出現。

様子を見ようかな~と思っていた矢先、息子人生初の海へ。

日焼けはほとんどしていないはずなのですが、帰ってきて1週間

ほどしたらみるみる白斑が増えていく・・・。

うっすら顔にも出てきてしまいました。

 

母からも「心配だね」と言われ、急いで皮膚科へ。

 

 

「白斑ですか?」皮膚科専門医の見解

 

程度としては、かなり軽度だと思うのですが、ひどくなってから

ではおそいので一応、皮膚科クリニックへ。

最近できた皮膚科専門医のもとを訪れました。


びっくりしたのは、子どもの前でひざまずいて箇所を見てくれたこと。

あ、ありがとうございます。

結果としては白斑ではありませんでした。

「はたけです」

と言われたのですが、聞いたことはあるけれど具体的には

何かわからず・・・。

顔面単純性粃糠疹(がんめんたんじゅんせいひこうしん)と

言うんですけどね」

 

と言われたものの、これまた分からず。

こういうときに医師と患者との知識レベルの差を感じます。

ドクターは「あぁこれなら大丈夫」というけれど、

患者としては何が大丈夫だか分かっていないこと、多くないですか?

まぁそれはそれとして・・・。

先生いわく

新陳代謝がよくなるから起きる


とおっしゃっていました。

つまり成長過程だから、ってこと??

そのあたりゆっくり聞ける雰囲気でもなく、

「あとでネットで調べよう・・・・」と心に秘めたのでした。

保湿はしておくといいらしくヒルドイドを処方して頂きました。

 

母に結果を伝えると

「あぁ、はたけ!ビタミン不足だとなるっていうわよね」と。

ただ調べるとそういう説もあるってだけですが。

ただ超偏食の息子なので、心当たりアリアリ過ぎて

「そうかも・・・」と勝手に思ってしまいました。

 

 

 

もしかして白斑?と思ったら

 

おすすめなのは、ネットで「白斑」と調べてGoogleの画像一覧を

見てみてください。そして幹部と比較するとよいかと。

 

我が家の場合は、画像と比較してみて

「いわゆる本物の白斑じゃないな」と思いましたが、

放置してこうなっても怖いので受診してみました。



おまけ:病院受診の心構え

ちなみにあれこれ調べて専門用語など頭に入っていても、

お医者様の前で調べた知識をひけらかす

(「顔面単純性粃糠疹ですか?」などと言う)のはおすすめしません。

大概、お医者様って機嫌を損ねます。

まずは医師の意見に耳を傾けるといいかと思います。



発達センターへの相談の仕方にもコツがある(と思う)

 

発達センター(児童相談所)への相談のコツ

 

「療育を受けたい」
「療育日数を増やしたい」
と言っても自治体によっては
療育希望者が殺到していてキャンセル待ち・・・
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

半年療育を受け、児童相談所とも何度も
やりとりするなかで感じたのは
「悩みをリアルに打ち明けること」だと感じました。


例えば「心配だから療育を受けたい」よりも

「お友達に手を出してしまい困っている。
家でも色々と手を尽くしてきたが
周囲とのトラブルも増えてきてどうしたらいいか?」
の方が圧倒的に緊迫感もあり
「これはサポートが必要」と感じさせるものがあります。


相談するとき初対面の方に悩みを包み隠さず伝えるというのは、
なかなか難しい人も多いのではないかと私個人は思います。
何より私自身そうだから。1度相談してみて、
理想の回答やサポートが受けられなかった場合には、
時期を少し開けつつ言い回しを変えてみたり
具体性を加えてトライしてみてください。

 

またタイミングもあると思うので、一度で諦めず!

 

「こんなことまで言っていいのかな」と思いましたが、
ひょんなことから「そういえば!」と言われて
紹介してもらった手立てもありました。
こちらからすると「早く言ってよーーー!」
というのが本音でしたがw

 

まずは落ち着くことも大事

 

また、親としてはこの一瞬一秒がもったいない、
あぁ早く早く!!!と焦ってしまいがちですが、
どうか冷静に。
「待つ」ことが結果的に良かったこともあります。

あまり言いすぎるとクレーマーに認定され、
療育が受けられるなくなってしまうのも困ります。

自治体によっては制限なく何個も療育に通えるところもあれば、
「最大〇日まで」と決められているところもあります。
「どうしても!」という場合には引っ越しを検討するのも手。

喧嘩ごしにならず大人な対応を心がけるとよいでしょう。
私は、毎度夫に「こう言ってみたらどうかな?」と
シミュレーションしてから臨んでいました。
夫とは考え方がいつも違うので、

「違う考え方の人からすると自分の意見はどううつるのだろう」と
参考になりました。

療育に約1年通い、感じること

 

当初は不安、不満もたくさんありましたが
段々と納得、というか時間をかけて
腑に落としていけたような気がします。

「結果的にここでよかったのかも」と思えるように
なりました。もしどうしても思えないのなら、
施設を変えればいいのであり、
まずはいち早く療育をスタートさせることが先決だと
思います。療育を始めてから知ることもたくさんあります。

1年前は、知らないこと、慣れないことばかりで
療育が終わったあとは毎回頭痛がしていたものですが、
最近はようやく「疲れた~」くらいで済むようになりました。


最後に

「療育を受けたい」と考えるご家庭、受ける必要のあるお子さん
が全員受けられるような環境になることを願ってやみません。
早くそういった環境になりますように!