読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児についてです。

杉並区「就学の流れ説明会」に参加してきました。

場所は区役所中棟6階。
1F受付の人に、ママ達が口々に「中棟ってどうやって行くんですか?」と
聞いていた・・・。西棟エレベーターから行けるなんてどこにも書いていないから

分からないのである。案内に書いておいて欲しかったな。

しかも私「ちゅうとうってどこですか?」と聞いてしまった。
中棟=なかむね、と読むらしい。恥ずかしい!!!

5分前に会場につくと、9割方席がいっぱい!
総定数よりも多く来ているようで、職員の方も大慌てで資料を刷っていた。
後ろの方だと、聞こえづらい部分もあったのでもう少し早く来た方が
よかったなと反省。

遅くに来た人はもはやテーブルがない、椅子だけのところに座っている人も
多かった。

これからどんな流れなのか。
平成30年、杉並区全校に設置される特別支援教室の話も説明もあり。
そもそも通級って週1回(授業1コマ)なんですね・・・。

それで足りるんだろうか。


特別支援学級・特別支援学校の見学会日程表も貰う。
ご夫婦で説明会に参加されている方もちらほら。
11時過ぎに終了、そこから個人的に相談したい人は各ブースへ。
事前に貰っていた相談表に「あなたは○ブースの何番目」と決められていて、
かなり合理的。

「人数が多いので、相談できて5分くらいです」とのこと。



これから2回、3回目の説明会にご参加される方もいるでしょうし、
来年以降のためにもまとめてみました。
他区ではこういった説明会がないところもあるので、杉並区ありがたいな~
と思いました。

虫除けスプレー含有成分「ディート(化学名:ジエチルトルアミド」について&イハダ アウトドアスクリーン

 

普段子どもを遊ばせる公園で、早くも蚊出没!(2017/5/11現在)
翌日、ドラックストアに行って虫除けスプレーを買おうとしたら
園ママ達、集合!というほど会うw

ママ友が「ディートがね~」という話から、初めて「ディート」という
成分について知る。

 


漫然な使用を避け、蚊、ブユ(ブヨ)等が多い戸外での使用等、
  必要な場合にのみ使用すること。
○ 小児(12歳未満)に使用させる場合には、
  保護者等の指導監督の下で、以下の回数を目安に使用すること。なお、顔には使用しないこと。
 ・ 6か月未満の乳児には使用しないこと。
 ・ 6か月以上2歳未満は、1日1回
 ・ 2歳以上12歳未満は、1日1~3回
○ 目に入ったり、飲んだり、なめたり、吸い込んだりすることがないようにし、
塗布した手で目をこすらないこと。万一目に入った場合には、
すぐに大量の水又はぬるま湯でよく洗い流すこと。
また、具合が悪くなる等の症状が現れた場合には、
直ちに、本剤にエタノールとディートが含まれていることを医師に告げて診療を受けること。

 

厚生労働省サイトより抜粋

 

◆虫除けスプレーを買う際にはディート成分表記をチェックしよう!
可愛いパッケージやカジュアルなパッケージの虫除けスプレーも多いので
つい気軽に買って使用しがちですが、ディート成分などについて表記をしっかり
チェックしたい。

 

◆お友達に勝手にスプレーするのはもはや厳禁!
特に小さい子には、よかれと思ってスプレーをかける人もいるけど
必ずママに確認すること。
子どもが子どもにかける行為も、「優しい子ね」という受け止め方もあるけど
目や口などに間違って入ってしまう事もあるので、控えた方がよいのでは?

と思います。ディートを避けているというママも意外と多いようですので。


◆お部屋用虫除けもやり過ぎはよくない!
「1プッシュで12時間蚊が来ない」という便利なスプレーもありますが、
友人は一回で5プッシュしたら口の中がイガイガしたとのこと!
容量用法は守りたいなと感じた体験談でした。



◆我が家は今年、この虫除けスプレーを買いました!
ディートの話を聞いて、「とりあえずディート無配合のものってないの?」

と思ったらありました。

イハダ アウトドアスクリーン(資生堂

天然由来成分を中心に作られているので安心です。
イハダの乳液も使用したことがあるのですが、予想以上にいい!
敏感肌で年中部分的に痒みがあるのですが、しっとりおさまるのに
リーズナブルだったので一気にイハダファンに。
ということでこちら、購入してみました。


◆使用感◆
化粧水のようで、UVスプレーのように変に重たい感じはありません。
ローズマリーの香りが強いかな?シュッとした瞬間は香りがありますが、
そのあとは肌を直接鼻につけるくらいしないと香りません。

ただ、スプレーしたのをさらに手で伸ばしたところ、手についた香りは
少し気になります。香りにかなり敏感は人は場合によっては気になるかも?
「アルコールに敏感な人は使用を控えること」とあるので、
気を付けるとよいかと思います。

 

まだ実際、公園で使用していないので後日談はまた追記しますね。



◆最後に◆
あくまで筆者個人的な意見・見解です。

習い事代わりに?!キッザニア東京

 

GW前の平日、幼稚園がお休みだったのでお友達と一緒に

キッザニアへ。

正直、
「お友達同士で出来るのか?」
「電車で騒がないか?」

などお友達同士で行くことにかなり懸念していました。


しかし!
結果として。
*抱っこをせがまれずママの体力が温存できた
*長い待ち時間の時もお友達パワーで待つことができた
*他ママにちょっとお願いしてトイレなど所用を済ませることができた


と、いい面がありました。
多分無理だろう、迷惑がかかるだろう、自分がストレスフルになるだろうと
お誘いを断ろうと何度も思っていましたが、思い切って行ってみてよかった!
(尚、キッザニア自体は3~4回目)

 

キッザニアの魅力】
◆色々な体験ができる
◆自立心を持つきっかけになる
(アクティビティ待機&実施中は母子分離)

◆知識が増える
◆「出来た!」が自信になる
◆単純に楽しい
◆親としては子どもの成功体験を間近で観れ、可愛い衣装に悶絶w

 

 

キッザニアに行く前に知っておくと便利な予備知識】
〇子どもにはポケット付きのボトムを履かせよう
→いろんな衣装で被る帽子の下にネット帽をかぶりますが、それは1度貰ったら
 また使うものなので「ポケットに入れておいて」となるため

〇予約番号と子ども用お財布を忘れずに!
→予約番号orQRコードを忘れると悲劇。キッザニア銀行ではキッゾを入れるお財布を

貰えます。再訪するときに子ども用お財布忘れると悲しい。

〇冬場の上着は入園前にロッカーへ。暖かい時期は薄着で行こう
→園内は温かいので上着をずっと手持ちしていると邪魔。
入園前にコインロッカーに入れておくのがよい。
ただ、キッザニアの地下鉄アクティビティ付近はなぜか少し寒い。
例えば運転士をやると30分親は待機。冷え性の人は時期と恰好によっては
「寒い」と感じるので羽織物など調節できるものがあると良い。


〇ピザは少ししょっぱい?!
→アクティビティで作ったピザは園内で食べれるのでランチに丁度良い。
しかし親の私でも感じた、けっこうしょっぱい。
そしてトッピングにバジルがかかっているので子どもが嫌がる。
改善してくれるといいのだけれど・・・。
偏食な子は、モスのポテトがおすすめ。


〇「お手洗い」「誕生月」について子どもが理解しているとよい
→スタッフから「お手洗い大丈夫ですか?」「誕生月はいつ?」と
聞かれる。4歳息子は「手を洗ったよ」アピールをしていたのと、
12月生まれなのに「4」と指サイン。
教えておくとよかったなあと思いました。


○入園前に軽い手荷物チェックがある
→パッと見せやすくしておくと楽です。


 

キッザニア、感動したところ】
◎園内でイヤリングを落として、総合受付のようなところで問い合わせたら
届いてた~。きちんと透明な小さい袋に入れてくれて、
「××エリア付近で落ちていました」と。この場を借りてありがとうございます!

 

 

 

 

【ゆったり君、キッザニアでの成長】

これまでは着いてすぐ、ドキドキしてしまってなかなか参加できず。
まず観光バスに乗って気持ちを落ち着かせていました。
今回は3,4回目ということでだいぶ慣れていたのと、お友達が一緒だったので
すぐにアクティビティに参加できました。

全部で7つアクティビティできて、そのうち半分は初めて体験したものという結果に。
1回目に訪れたときにはなかなかキッザニアの楽しさを理解できなかったのですが、
ソフトクリーム屋さんで自分で作ったものを食べてやっと「楽しい!」という感情が芽生えました。

キッザニア、行かせたいけどウチの子、できるかな?」と不安なママもいるかと思います。まずは観光バス、ソフトクリーム屋さんがおすすめです☆




療育の悩み ~個別か集団か~

現在は集団療育なのですが、かかりつけ医からは
「個別の方がいいのでは?」と言われ悩み中。

自治体側にも相談してみたのですが、
今通っている集団を辞めないと個別にいけないとのこと。

療育にもお試しのようなものがあればいいのですが・・・。
そして療育が就学前だけだから、どの親も血眼になってしまう。
放課後デイなどもありますが、あれって普通級に行ってしまうと
あまり通えないと聞きました。

自治体によっては療育の支給日数出し放題のようなところもあるし、
厳しいところもあるのでまた悩ましいですよね。

せめて「実費で行くから割引させてー」と思います。

診断がついているのに、自治体を通さないと通えない。
でも自治体は枠がないという。

普通の習い事も検討したけれど、

プール→泳いだことないのに突然親子分離は厳しい

サッカー→集団プレイが出来なさそう

体操教室→普通の子と一緒だとやっぱり差が目立つ


とうまくいかないのです。


「ジュウオウジャーのワクワクサーカスパニック」&「チョコレートドーナッツ」感想

相変わらずツタヤディスカスを継続しています。
「あの曲聞きたいな~」という時にCDを借りたり、
なかなか便利です。

 

先日、子どもへのご褒美(といってもしょっちゅうご褒美
あげてますw)に「ジュウオウジャーのワクワクサーカスパニック」
を借りたのですが。。。


トーリーの粗さにびっくり。
子どもは気にならないだろうけど。
映画館で観ていたらがっかりしているところでした。
カゴメのチャリティー劇場?でも開始10分で大泣きして
退場したので、映画館、行けるのいつの日かなぁ??
(遠い目)

 

 

良作と聞いていたので「チョコレートドーナッツ」。
借りてみました。
ルディのキャラクター、慈悲深い目がとても好感を持ちました。
でも「そんなすぐ好きになる?」とか疑ってしまいました。
でもでも。
そうか、ゲイの方同士のひとめぼれシーンって今までみたことない
(珍しい)からそんな気持ちになったんだなぁと。


あれが異性同士ならあんまり気にならなかったかも。
と思うと、固定概念に縛られている自分に驚きます。
そうか、一目ぼれなんだって思ったら納得できません?



「男同士でイチャイチャしている姿に引いた」
なんてコメントを目にしてちょっと共感してしまった
自分もいるけど、でもそもそも私は男女カップルが
目の前でイチャイチャしていてもいい気分はしない
方なので。いままでも公共の場でゲイの方同士手を
繋いでいる姿を見て、なんとなーくモヤモヤしていたけど
やっと気づきました。

その感情は性差別なのではなく
「公共の場でイチャイチャすることへの不快感」
なのだと。

 


私、今、大手町にたまに出勤しているのですが
そのたびに「“普通”ってなんなんだろうなーーー」
と思います。

オフィス街だけに、みんな黒ずくめ。
スーツではない私はなかなか浮いています。
でも心地いい。

昔、スーツを着ていた時はずっと窮屈だったから。


この映画でも、周りの大人たちは
普通じゃないルディ、ポール、マルコの関係を
異質なものとして扱いますけど。
「普通ってなんなの?」と言いたくなります。
とても難しい問題ですよね。


最近最終回を迎えたドラマ「カルテット」でも
ドーナッツの穴=欠損、足りないもの
の象徴として扱われていて共通点を感じました。


「チョコレートドーナッツ」はポールが弁護士だから
話が成り立っていると感じる点がいくつかありました
(金銭的な面とか)が、ポールとルディ。一見正反対
のように見えるけど、ポールでは成しえないような生き方を

自然としているルディにポールは惹かれたのかなと思います。

 

そしてルディも、幼少期もしかしたらマルコのような淋しさを
感じていたことがあったのかもしれないと考えると、少しだけ
彼らの関係を理解できるのかもしれません。

 

映像という目に見える部分だけ見て、見えないから分からない。
のではなく、(映画だからしょうがないですけどね)その延長線上

にあるかもしれない可能性を考えてみると、この映画はもっと味わい
深くなるのではないでしょうか。
(↑「あまり面白くなかった」と感じている方に伝えたい)

 

 

そして、大事なのは血のつながりなのではなく、
一緒にいた時間や想う気持ちなんだな~と、
歌のシーンや海で過ごすシーン、ハロウィンのシーン
を観て感じることができました。

 

any day naw。

「いつの日にか」という意味だそうですね。
直接的なこのタイトルもいいけど、
「チョコレートドーナッツ」というタイトルもいい。
いつまでも深く深く考えたくなる映画です。

 

 

発達テストとささやきボイス

前回の続き。
記事を書いたあと、気になって色々ググってみたら。
「療育先では“できたこと”をあまり言わない方がいい」
という意見を見つけ「やっぱり?!」と。

療育を始めて約半年・・・。
気付くの遅い?!
でも私、母同士のグループ療育って
濃淡は違えどつらさが分かる立場なわけだし
子どものできたこと(成長)に対して
「よかったね」と言い合える場
だと思っていたのです。

でも違うんですね...。
今度からそういった内容は、
幼稚園→連絡ノート
療育→たまに報告書に書くとき
に伝えようと思います・・・。

 

*******************

今日は、発達クリニックでテストを受けました。
心理士さんと子どもが遊びながらテストしている間に、
もものすごい量のアンケート?を記入。
ああいうアンケートって一概に「はい」「いいえ」で

答えづらいですよね。

私の前ではできるけど、知らない大人の前だとできない。
とか。
家ではできるけど、幼稚園だとダメ。

とか。

というわけでめちゃ悩みまくり、
すごく時間がかかってしまいました。


その間、「ゆっくり君」は初対面の女性心理士さんから
いろいろやらされていました。
驚いたのは、蚊のなくようなささやきヴォイスで受け答え
していたこと!!!


ち、ちっちゃ!!
よ、幼稚園でもこうなんだろうか。。。
こ、答えられるようになっただけマシ??

テストは1時間ほどで終わり、ちょうど昼時。
クリニックの隣でランチしたいな~と思っていたけれど、
メニューを見るとむむむ・・・。

大偏食な息子なので、サイドメニューでポテトやから揚げ
がないとな~。お店もちょっと混んでそうだしな~と
挙動不審にしていたら、店員さんがわざわざ外まで出てきて
くれました。

日替わりメニューを教えて頂いたのですが、
あぁ、全く食べられないよね。
「すみません、この子食べられるものが限られていて」と
お伝えしました。

 

「まぁ~可愛いですね!!!」
と息子をお褒め頂いて。
ありがとうございます。
無条件で愛される存在。
それが「ゆっくり君」のいいところだなぁと思います。
(いつもできない点ばかり目がいってしまいますが)



あれこれ悩んで、結局コンビニでお互い好きなもの買って
(息子:からあげ棒、メロンパン、カロリーメイト

電車が見えるベンチに座って食べました。

 


今後のために、ちょっと周辺を散策して
お店をチェック!!
そして帰宅。

家から最寄り駅まで大人の足でも15分くらい
かかるのですが、「歩く」というので徒歩できたものの。
帰りはやっぱり抱っこをせがむ4歳強。


母もそこそこ疲れていて、15キロ強を抱っこはそろそろ
限界に近いものが。
息子の場合、「よーいどん」でかけっこすると、結果走って
くれるので、何度もかけっこして家路につきました。


もー、母もよだれ垂らして昼寝しましたよ。
テスト結果は新学期始まった頃に分かります。

療育先でのマウンティング

正直、今少々悩んでいることがあります。

療育など、当事者の母がグループで話し合う?会に

いくつか参加する必要があり、参加しているのですが。

 

グループのリーダーである先生に、この1か月できたことを

伝えたくて「〇〇ができるようになりました」などと

“”できたこと”を皆の前で話すと、結果的に自慢ぽくなって

しまうのです。もちろん自慢している気はさらさらないのに、

です。

 

息子より重度の子を持つ親からするとどうしても

自慢しているように聞こえたり、羨ましくなってしまったり
するのだと思います。私も、健常の子を持つ親御さんの話で

落ち込んでしまうことがあるから。

 

 

周りからすると、私がいかにもマウンティングしているように

聞こえるのか!と反省しましたが、だからといって、

「息子が出来るようになったこと」に対する事実は

変えようがないし、できない事だけ話すと先生からは

「〇〇はできるようになりましたよね?」と

「出来る点に目を向けようね^^」的アピールを毎度され、

どちらに転んでも、うーんな状態。

 

もういっそ、個人面談か書面で報告した方がラクと思いつつ

あります。

 

でも場所によってはそうもできないところもあって、

最近は私自身、療育に行くのがつらいなぁと思うことも。

 

また、私自身としては悩んでいることも、

自分の子よりも重度の子を持つ親御さんからすると嫌味に

なってしまって。でも私としては悩んでいるし。

他の母の前で本音が何も話せないなぁと思う今日この頃です。

 

 

 

A先生に相談したら、きっと「そこまで考えなくても」と

言われるような気がして。B先生に相談してみようかなぁ。