読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児についてです。

「ジュウオウジャーのワクワクサーカスパニック」&「チョコレートドーナッツ」感想

相変わらずツタヤディスカスを継続しています。
「あの曲聞きたいな~」という時にCDを借りたり、
なかなか便利です。

 

先日、子どもへのご褒美(といってもしょっちゅうご褒美
あげてますw)に「ジュウオウジャーのワクワクサーカスパニック」
を借りたのですが。。。


トーリーの粗さにびっくり。
子どもは気にならないだろうけど。
映画館で観ていたらがっかりしているところでした。
カゴメのチャリティー劇場?でも開始10分で大泣きして
退場したので、映画館、行けるのいつの日かなぁ??
(遠い目)

 

 

良作と聞いていたので「チョコレートドーナッツ」。
借りてみました。
ルディのキャラクター、慈悲深い目がとても好感を持ちました。
でも「そんなすぐ好きになる?」とか疑ってしまいました。
でもでも。
そうか、ゲイの方同士のひとめぼれシーンって今までみたことない
(珍しい)からそんな気持ちになったんだなぁと。


あれが異性同士ならあんまり気にならなかったかも。
と思うと、固定概念に縛られている自分に驚きます。
そうか、一目ぼれなんだって思ったら納得できません?



「男同士でイチャイチャしている姿に引いた」
なんてコメントを目にしてちょっと共感してしまった
自分もいるけど、でもそもそも私は男女カップルが
目の前でイチャイチャしていてもいい気分はしない
方なので。いままでも公共の場でゲイの方同士手を
繋いでいる姿を見て、なんとなーくモヤモヤしていたけど
やっと気づきました。

その感情は性差別なのではなく
「公共の場でイチャイチャすることへの不快感」
なのだと。

 


私、今、大手町にたまに出勤しているのですが
そのたびに「“普通”ってなんなんだろうなーーー」
と思います。

オフィス街だけに、みんな黒ずくめ。
スーツではない私はなかなか浮いています。
でも心地いい。

昔、スーツを着ていた時はずっと窮屈だったから。


この映画でも、周りの大人たちは
普通じゃないルディ、ポール、マルコの関係を
異質なものとして扱いますけど。
「普通ってなんなの?」と言いたくなります。
とても難しい問題ですよね。


最近最終回を迎えたドラマ「カルテット」でも
ドーナッツの穴=欠損、足りないもの
の象徴として扱われていて共通点を感じました。


「チョコレートドーナッツ」はポールが弁護士だから
話が成り立っていると感じる点がいくつかありました
(金銭的な面とか)が、ポールとルディ。一見正反対
のように見えるけど、ポールでは成しえないような生き方を

自然としているルディにポールは惹かれたのかなと思います。

 

そしてルディも、幼少期もしかしたらマルコのような淋しさを
感じていたことがあったのかもしれないと考えると、少しだけ
彼らの関係を理解できるのかもしれません。

 

映像という目に見える部分だけ見て、見えないから分からない。
のではなく、(映画だからしょうがないですけどね)その延長線上

にあるかもしれない可能性を考えてみると、この映画はもっと味わい
深くなるのではないでしょうか。
(↑「あまり面白くなかった」と感じている方に伝えたい)

 

 

そして、大事なのは血のつながりなのではなく、
一緒にいた時間や想う気持ちなんだな~と、
歌のシーンや海で過ごすシーン、ハロウィンのシーン
を観て感じることができました。

 

any day naw。

「いつの日にか」という意味だそうですね。
直接的なこのタイトルもいいけど、
「チョコレートドーナッツ」というタイトルもいい。
いつまでも深く深く考えたくなる映画です。

 

 

発達テストとささやきボイス

前回の続き。
記事を書いたあと、気になって色々ググってみたら。
「療育先では“できたこと”をあまり言わない方がいい」
という意見を見つけ「やっぱり?!」と。

療育を始めて約半年・・・。
気付くの遅い?!
でも私、母同士のグループ療育って
濃淡は違えどつらさが分かる立場なわけだし
子どものできたこと(成長)に対して
「よかったね」と言い合える場
だと思っていたのです。

でも違うんですね...。
今度からそういった内容は、
幼稚園→連絡ノート
療育→たまに報告書に書くとき
に伝えようと思います・・・。

 

*******************

今日は、発達クリニックでテストを受けました。
心理士さんと子どもが遊びながらテストしている間に、
もものすごい量のアンケート?を記入。
ああいうアンケートって一概に「はい」「いいえ」で

答えづらいですよね。

私の前ではできるけど、知らない大人の前だとできない。
とか。
家ではできるけど、幼稚園だとダメ。

とか。

というわけでめちゃ悩みまくり、
すごく時間がかかってしまいました。


その間、「ゆっくり君」は初対面の女性心理士さんから
いろいろやらされていました。
驚いたのは、蚊のなくようなささやきヴォイスで受け答え
していたこと!!!


ち、ちっちゃ!!
よ、幼稚園でもこうなんだろうか。。。
こ、答えられるようになっただけマシ??

テストは1時間ほどで終わり、ちょうど昼時。
クリニックの隣でランチしたいな~と思っていたけれど、
メニューを見るとむむむ・・・。

大偏食な息子なので、サイドメニューでポテトやから揚げ
がないとな~。お店もちょっと混んでそうだしな~と
挙動不審にしていたら、店員さんがわざわざ外まで出てきて
くれました。

日替わりメニューを教えて頂いたのですが、
あぁ、全く食べられないよね。
「すみません、この子食べられるものが限られていて」と
お伝えしました。

 

「まぁ~可愛いですね!!!」
と息子をお褒め頂いて。
ありがとうございます。
無条件で愛される存在。
それが「ゆっくり君」のいいところだなぁと思います。
(いつもできない点ばかり目がいってしまいますが)



あれこれ悩んで、結局コンビニでお互い好きなもの買って
(息子:からあげ棒、メロンパン、カロリーメイト

電車が見えるベンチに座って食べました。

 


今後のために、ちょっと周辺を散策して
お店をチェック!!
そして帰宅。

家から最寄り駅まで大人の足でも15分くらい
かかるのですが、「歩く」というので徒歩できたものの。
帰りはやっぱり抱っこをせがむ4歳強。


母もそこそこ疲れていて、15キロ強を抱っこはそろそろ
限界に近いものが。
息子の場合、「よーいどん」でかけっこすると、結果走って
くれるので、何度もかけっこして家路につきました。


もー、母もよだれ垂らして昼寝しましたよ。
テスト結果は新学期始まった頃に分かります。

療育先でのマウンティング

正直、今少々悩んでいることがあります。

療育など、当事者の母がグループで話し合う?会に

いくつか参加する必要があり、参加しているのですが。

 

グループのリーダーである先生に、この1か月できたことを

伝えたくて「〇〇ができるようになりました」などと

“”できたこと”を皆の前で話すと、結果的に自慢ぽくなって

しまうのです。もちろん自慢している気はさらさらないのに、

です。

 

息子より重度の子を持つ親からするとどうしても

自慢しているように聞こえたり、羨ましくなってしまったり
するのだと思います。私も、健常の子を持つ親御さんの話で

落ち込んでしまうことがあるから。

 

 

周りからすると、私がいかにもマウンティングしているように

聞こえるのか!と反省しましたが、だからといって、

「息子が出来るようになったこと」に対する事実は

変えようがないし、できない事だけ話すと先生からは

「〇〇はできるようになりましたよね?」と

「出来る点に目を向けようね^^」的アピールを毎度され、

どちらに転んでも、うーんな状態。

 

もういっそ、個人面談か書面で報告した方がラクと思いつつ

あります。

 

でも場所によってはそうもできないところもあって、

最近は私自身、療育に行くのがつらいなぁと思うことも。

 

また、私自身としては悩んでいることも、

自分の子よりも重度の子を持つ親御さんからすると嫌味に

なってしまって。でも私としては悩んでいるし。

他の母の前で本音が何も話せないなぁと思う今日この頃です。

 

 

 

A先生に相談したら、きっと「そこまで考えなくても」と

言われるような気がして。B先生に相談してみようかなぁ。

 

 

我がまま上等!な子育てのワケ

「我儘な子になってはいけない」としつけを厳しくしたり
するご家庭も多いと思うけれど、私はどちらかというと
「あぁもっと息子のいう事を聞いてあげればよかったなぁ」と
反省するほうです。


私が子どもの頃、いい思い出も実はたくさんあるのだけど
それよりも忘れられないのは、買ってもらえなかった服や
否定された言葉。

憧れの白い服。買ってもらえたこともあるけれど、大抵は
「すぐ汚すからだめ」と言われるから9割NGでした。

だから今、それを取り戻すかのように白い服を着ているw

殴られながら教わった算数は大嫌いで、高校の時は赤点だった。
未だに自分で自分の気持ちに素直になれないことがあって、
「本当は何が食べたいのか?」「何をしたいのか?」

心の奥底まで耳を澄ませないとならないことが多いです。

 

そんな自分の背景もあって冒頭の話に戻ります。

ただイエスマンでもいけないし、我儘ではなく

あくまで「我がまま」でいられる環境を用意してあげたいなぁと

思っています。

1年を振り返ったら現れた「ツラさ」

年度末なので、何かと「1年を振り返って」というテーマトーク
求められたここ最近。


振り返ってみて気付いたのは
「辛かった」ということ。


①幼稚園生活も初めてなので、分からないことだらけ。
自分が学生時代はただ自分さえ頑張ればよかったけど、
子どもの頑張りを見守るってなかなかしんどい。
しかも上手にできないことが多いから、それを温かい目で見守るって
けっして簡単なことじゃないと思うのです。

母は母でどのイベントでも何かしら仕事があるような幼稚園だったので、
ただ見守るだけでなく自分も忙しいし、精神的にてんてこまいでした。



②「ゆっくり君」が自閉症だと受け止めるツラさ
未だに100%受け止められていないです、正直言って。
特に発達テストでいい結果が出た時は

「もしかしてもう自閉症ではないんじゃない?」と思ったり。
幼稚園という新生活真っ只中のなかで、彼の特性を理解し
受け止め、最適な対応をしなければいけなかったのは大変だったなと。



③療育に慣れるまでのツラさ

療育もただ見ているだけでなく、毎週先生とグループ面談。
一週間の気になった点を報告=一週間こまめに様子を見ていないと
いけないので地味に大変でした。



④他の子と比べてしまい劣等感でツラい
よく「他の子と比べるな」とか言いますけど、無理。
だってこれまでの人生、他人と比べることで生きてきたから。
学校生活、例えばテストも平均点は他人との比較だし、偏差値だって。
社会でも仕事の評価など、他人と多少なり比べるし比べられて
生きてきたのに、子育てになったら突然比べるななんて無茶だと
私は思う。

 

特に「ゆっくり君」は第一子だから、他と比べないと何も分からなくて。
でも比べたことで「まだ出来てない!」「どうしてうちだけ!」と
つらくなることはやはりあった。

他の子を見るときは比べるのではなく「あれを目標に!」とか
「将来的にはあぁいうことができるようになるんだな」と思うことで
気持ち的にラクになれた気がします。

 

 

⑤つらいなーと噛みしめる余裕がなかった

1週間、幼稚園や療育関係の予定でぎっしりということも多く、
それらをこなすだけで終わることも多かった・・・。
そしてツライと気づいてしまったら倒れ込んでしまうような。
「もうやるっきゃない!」的に生きてきた1年でした。

 

 

 

振り返ってみて、「ゆっくり君成長してきたな~」と喜ぶと共に
「つらかった!」という感情が自然と湧き出てきた、そんな
年度末でした。

 

 

さて、来年度は幼稚園生活も2年目。
イベントや幼稚園の流れもなんとなくわかっているので、

その点はだいぶ安心です。
といってもきっと新たな壁が出現してくることでしょう。

子供が公園で遊べない、に向き合う

 

 

公園デビューもドキドキしましたが、
デビューして気付いたのは
他の子との「違い」。

 

よく「他の子と比べるのはよくない」と言いますが、
私の場合は比べることで
「もしかしてウチの子・・・」と思っていました。
だから先生から療育を勧められてもとっさに出た言葉が
「やっぱり!」でした。

 

全く比べることなく過ごしていたらそこでのショックは
計り知れなかったと思います。比べすぎて悲観的になるのも
よくないですが・・・。


 

 

 さて、話を戻して「公園で遊べない」。

上手に遊べないのは分かっていても子ども自身が
「どっか行きたい」と言ったり、他のママや子に誘われて
行ってしまうパターンもありますよね。


おすすめは「子どもをしっかり観察して好みを知ろう!」。
子ども一人一人によっても、合う公園合わない公園が
あります。


・・・我が家の「ゆっくり君」の場合・・・
◆滑り台が大好き
◆広い公園だとうまく遊べない
◆狭い方が安心するっぽい


このデータが取れるまでに幾度、
母の心が折れたことか!!
遊べるようになるまで時間がかかる場合もあります。
我が家は年少さんの二学期終わるまでは、小さい公園でも
上手に遊べませんでした。

三学期にようやく小さな公園で、あれ?もしかして
遊べている!という感覚を味わるようになってきました。


上手く遊べないうちはいさぎよく公園に寄らず帰って
しまってもいいと思います。ただ、たまにちょろっと寄って
「あぁまだだめだな」とか「滑り台ある公園じゃないとだめだ」
など、観察しながらデータを取るとよいと思います。
(ゆえに10分くらいで帰ることもよくありました)



公園で子どもを遊ばせながらママ同士井戸端会議~なんて
よく見る光景ですし、私も憧れでしたがほとんどしてません。
他のママ達がしていても、です。

おしゃべりしている間に、子供同士の小さなトラブルがあったり、
本当に本当にささいなことで子どもの心が折れてしまった瞬間を
見逃してしまうからです。
(もちろん怪我してしまったりもあります)
その時ちゃんと見ていると、適切な声がけができるので常に目線は
外さない!!と結果的にあやしたりなだめるのが楽でした。



【公園が無理ならおすすめはお風呂!】
「ゆっくり君」はそもそも、室内でも自発的に一人遊びをするという
ことがほぼありません、未だに。最近になって短時間できるようになって
きたという程度です。


そんななか、まず一人遊びできたのは「お風呂」。
狭い空間だから安心するのでしょうか。
私もじっくり遊びに付き合ってあげたからかもしれません。
まずはお風呂で

・おままごと
・お店屋さんごっこ
・戦いごっこ

などやってみるといいと思います。
特に夏は、子供用プールを浴室に置いてあそばせたりしていました。

 

シャワーやカランから永遠に水を出して眺める遊びも大好き!
最近ようやく収まってきましたが、シャワーを使わせてもらえない
時期も長かったです(涙)




【誰もいない公園、いろんな公園に行く】
1,2歳のときは気が付くと人がいない公園を探していました。
上手く遊べない→ママがイライラする→親子関係がぎくしゃく
と悪循環だったからです。


いろんな公園に行ってみると
「こういう遊具は好きなんだ」などまたデータが取れるので、
あちこち行ってみるのも面白いです。




【まとめ】

そんな我が家もまだまだ発展途上。
先日も広々とした公園で、幼稚園のお友達もたくさんいるのに
「ゆっくり君」は公園の端で一人たたずむ・・・。
本当は滑り台があるところに行きたいはずなのですが、
誘っても行かないし、おやつを食べても「帰る」と言い出す始末。
言い合いになって泣いてぐずってしまい、周囲からも心配され
逆につらい状況に。


「大丈夫?」って言って声をかけて貰えてありがたい反面、
「ゆっくり君」の特質を全て説明するわけにもいかないし
(同じクラスの人には親しい1/3程度しかカミングアウトしていない
ため)複雑な心境でもありました。

 

悩みは尽きないですね。

ママがTSUTAYAディスカス始めてみたらこうなった。(無料お試し、実は二度目です・・・)

実は一度、たぶん10年くらい前?

一カ月お試しを試したことありました。

その時は「何枚のディスクを全国で回してるんかい??」と

思う雰囲気で、新作DVDはなかなか借りられない。

まるで図書館の人気本待ちのような雰囲気でした。

結果、有料会員にならず退会w

 

 

 

 

そして現在・・・。
時はブルーレイ世代。
DVD借り放題、動画見放題、漫画レンタルなどサービス色々!

movie-tsutaya.tsite.jp

 

「無料お試し、二度目だけど大丈夫かな?」と思いましたが、

システムが全く変わっていたためか二度目も一カ月は無料で

利用できました。

 

 

◆なぜツタヤディスカスをはじめたのか?

近所のツタヤに行くには自転車で片道15分程度。

店頭で選んで帰宅するだけで30分以上かかる。

しかも子どもを連れて行くと「これ借りたい!(新作)」

と高いやつを選んだり、見たら飽きてしまう長編モノを借りたい

というため面倒で。

借りたいDVDが店頭にないと、取り寄せもできるけれど400円くらいして


とても高いのでそれならもう届けてもらおうということで。




◆ママの便利手段。ツタヤディスカス

返却はポスト、返したらまた次が家のポストに届くので便利!

宅配便だと不在届の処理が大変なのでポストにポンはありがたい!!

 

我が家が「おさるのジョージ」を全巻見たくてはじめたのだけれど、

もちろんそれ以外にも親が見たい作品も借りられる。

普段は録画したTVを見せているけど、親としても「またこれか」と飽きて

しまう。でも新しいDVDがどんどん来ると、一緒に楽しく鑑賞できるので

 

会話も弾む。そして何より「おさるのジョージ」!

何でも作ろうとする、チャンレジ精神旺盛のジョージに子どもの想像力も

豊かになる(にちがいない)。

何より我が子も大好きなので。



f:id:writerami:20170209143625p:plain

参照元

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiP9snbpYLSAhVSObwKHdLtCpsQjRwIBw&url=http%3A%2F%2Fwww.lavender-in.jp%2Ftst%2F&psig=AFQjCNH3az0wZYx7-JIyWU83zjdk7_-Uog&ust=1486704953038733) 


ツタヤディスカス、無料期間で本当に解約できるの?

一度目利用の際は、無料期間で退会したのでたしかにできました。

ただ退会の仕方がけっして分りやすいわけではないので、ネットに疎い方や

忘れやすい方はそのまま有料会員になってしまう可能性がありますね。

 

今回、二度目はあえてそのまま有料会員へ。

ジョージ全巻観ていないからw)



◆あまりよくない(と個人的に感じる)動画見放題サービス

無料期間中は動画見放題サービスもついているのですが、小さい子ども向け

の動画がほとんどない。育児の合間に動画みる暇もないので、ほとんど利用

できませんでした。途中まで見て、「続きから見る機能」だったり、

倍速機能があるといいのだけれど・・・。



◆有料会員になってから

放っておいても「動画配信ポイント」と「動画ポイント(商品限定)」


がどんどん貯まる。のですが、見たい動画がない・・・。

子供向けの短編があるといいなぁ。または知育動画。

そしたらお金かけるママもいるかと。



 

◆こんなときおすすめ

・長期休暇中
(夏休みなど「何しよう??」というときにエッセンスに!)

 

・梅雨時に
雨だとお出かけできないので。ずっと一緒に遊ぶのも大変ですが、
DVDというお楽しみがあると親子ともワクワク☆


・体調不良のとき
インフルエンザの時など一週間以上、家から出られなかったので
助かりました!!





◆まとめ
DVDばかり見てしまうとよくありませんが、二枚ずつ届くので

見過ぎることもありません。ポストに投函してからまた次のDVDが届くまで

 

最短で2日ほどかかるのでその間はDVDなしの生活です。

ただでさえ緊張で幼稚園が疲れてしまう「ゆっくり君」。

幼稚園が終わったあと機嫌が悪いことも多いですが、

ジョージのDVD届いているよ」というと、喜びます。


近所のポストまで補助輪つきの三輪車で届けに行くのも

もはや日課になりつつあります。

こんな使い方をしている家庭もきっと少ないとは思いますが。