愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児についてです。

子どもの発音が気になる。いつ、どうやって相談する? ~言語聴覚士さんに相談してみました~

◆気になる息子の発音

我が家の息子の場合、話し始めた頃から気になる発音が
いくつかありました。たしか3歳児健診の時も相談しましたし、
定期的に相談はしていましたが、会話できないわけではないので

「そのうち治ります」

「様子をみましょう」
の繰り返し。

年少の時は「年長までそうだったら専門機関に相談してもいいかもね」

年中の時は「小学校上がるまでにそうだったら…」

と、何度も相談していくうちに見えてきたのは

「いつになったら専門機関に相談すべきなのか?」
という問題。

でも療育の先生や幼稚園の先生からすると
「そのうち治るでしょう」という認識が透けて見えるような

気が、会話から見えてきました。

たしかに小学校上がっても変な発音している子ってそんなに
いないように感じますし、自分が子どもの頃もいなかったので
先生たちの対応に納得はするのですが…。

 

ただ、やっぱり息子の凸凹も「気になる」をそのままにしておかなかった

からこそ療育につながったという自負はあるので、放置はしたくない、
自分ができるところまでは努力したいという思いがありました。

 

 

◆発音の相談は言語聴覚士さんに…。
先日、療育手帳更新時の面談で「他に何か気になることありますか?」
の問いに、ダメ元で発音について話題を挙げたところ

「児童発達相談係に言語聴覚士が在籍しているので、相談してみたら?」
というアドバイスを頂きました。

 

面接担当の方からは「私から言語聴覚士に話すこともできるけれど、

忘れそうなので…」と私から改めてアクションを起こすように
導かれました。
結局、再度お電話したときにすっかり忘れられていて、メモすらして

くれていなかったのだと少し悲しい気持ちになりました。

(こういうこと、よくあるので本当に気になる方は相手任せにしないで
必ず自分で動くようにしています!)

 

お電話をした翌日、言語聴覚士の方から折り返しが。
電話の時、担当者にしっかり説明したのですが改めて説明を
求められました。ちょうど子どもとお出かけしていて出先だったので、
会話しやすい場所に移動して、慌てて内容を頭の中でまとめて!

(こういうこともあるので、日頃からメモ帳、ペン、スケジュール帳は
あるといいなと痛感しました。)

 

言語聴覚士に相談した結果…

私からの説明内容としては、

2、3歳の頃はいくつか発音で気になるものが

あったもののだいぶ解消された。ただ未だに1音だけはっきり

間違った発音をしてしまっていて、さりげなく指摘しても全く

直る気配がない。というものでした。
偏食で舌を動かしていない理由も付随して説明したところ、
発音がクセになっているのではないか?とのことでした。

日常でできる対策法もすぐ教えて頂きました。

「日常生活では特に支障はないのですね?」と聞かれ、
「は、はい…」と答えると、直接お会いして診て頂ける

機会は数か月後に伸ばされました。

 

つまり後回しにされました;

あからさまだったのでこれまた少し悲しくなりましたが、

たしかに緊急性は低いので、他のもっと「すぐに相談したい!」
というご家庭優先になるのはしかたないのですが。

 

面談の日程も、後日電話しますとのことで
まだ目安も何も立っていませんが
一度専門家に診てもらえるというのは安心です!

 

今のうちに、日常生活のなかで気になる面、箇所を
メモしてストックし、相談の場で質問してみようと

思っています。


言語聴覚士さんはかなりご多忙のようで、外出している
ことも多いようです。ただお電話での相談は数か月待たずとも

できそう(自治体によっても差があるとは思いますが)
なので、気になっている方は相談してみるとよいでしょう。

日常生活でも支障があるレベルの子は、言語聴覚士さんの元で

発音練習する場を設けてもらう(つまり療育ってことになる)
こともできます。練習は親子共、大変なようですが…。

 

我が家のように「発音はクセになってしまっている」場合は
どうなるのでしょう。言語聴覚士さんと直接お会いでき、
進展があったらまたご報告したいと思います。

 

クラス替え。子どもに何と声がけする?

新年度としてありがちなのは「クラス替え」。
我が家では、幼稚園のクラス替えはないものの
療育はクラス替えがあるようで。
仲良しのお友達とは別れることとなりました。
その事実を聞かされた当初はやはりちょっとショック
でした。

子どもにどう伝えたらいいかと先生に聞くと、

・直前までは伝えない方がいい
・「次回からは新しいクラスだよ。
 楽しみだね」と伝えて

 

とのことでした。
「楽しみだね」
簡単だけど全くもって思いつかなかった言葉でした。
やはり療育は親同士の関わりも密なため、親にとっても
クラス替えはドキドキ。だから「楽しみ」なんてモードには
なれずにいました。

でも療育開始当初は、ぜっっつつつつつたいにこの人とは
仲良くなれないと思っていたママさんと今は一番仲良しなんです。
人生何が起こるか分からないですね。

クラス替え=不安
なんて大人の考えることで、子どもにそれを植え付けてしまうのは
よくないのだなと先生からのアドバイスで気付きました。

新しい出会いはもちろん不安でもありますが、新しいお友達が増える
可能性も。トラブルもあるでしょうが、困ったときは療育の先生に

相談できるでしょう。

「クラス替え、楽しみだね」
口にすると不思議なもので、本当にちょっとそういう気分になって
くるのです。この時期、親子共に新生活にドキドキしている親御さん

も少なくないかと思いますが、ぜひ前向きに発言してみるといいかと

思います。

 

 

 

 

話題は変わりますが、先日、言語聴覚士の方に相談電話をしてみました。
その詳細は次の記事に書き連ねてみます!
気になる方はお目通しください。

1日中寝ている休日のパパに子どもの面倒を見てもらうには?必要なただ1つのこと

我が家のパパは週1日お休みあればいい方。
急きょ休みがなくなったり、突然お休みになったりするので

一般的なサラリーマン家庭とは少し違います。

幼稚園の送迎も、送りは1度くらいしかしたことなく、
迎えも数えるほどでしょうか。


◆休日。体調が悪いママを尻目に昼寝するパパをどう
回心させるか?
パパは週1日でも休みがあるからいいですが、
こちらはなかなか定期的な丸1日休み!
という日が365日訪れないが
ゆえ、定期的に体調を崩します。
微熱があっても頭痛がしても、
どんなに眠くても!!それでも

子どもの面倒をみなければいけません。

今日はパパがお休みだったので、
パパを午前中はゆっくり寝かせてあげました。
(寝室で寝ているパパを起こさない。
5歳の息子も数年前からとっくに察して、
そういう状態の時はパパのところに行こうとも
しません。息子の方がよっぽど人間が出来上がっています)


そうこうしているうちに私の体調が悪化。
食欲もわかずお昼にはリンゴしか食べられない。
昼頃起きてきたパパに
「子どもと遊んで?」とお願いしたのに
「お昼食べたら眠い…」と言って、ぐーぐー寝始めました。
しかも「さっき遊んであげたじゃん」なんて言いつつ。

 

いや、たった1時間程度。
こちらは朝からずっと子どもと過ごしているし、
明らかに体調悪いのにその仕打ち…。

パパを呪いました。
これまでもこういう状況、何度も繰り返しているのですが

こちらがブチ切れると逆キレしてくるタイプなので逆効果。
もうあきらめようと、頭痛薬や痰切り薬、ビタミン剤など
ありとあらゆる薬を飲んで、我慢して子どもと遊んでやりました。

数時間経過して、パパお昼寝からお目覚め。
(この時点で1日のほとんどを寝ています)
無視していると息子に「じゃあパパと遊ぼうか」と。
ほう!!

今まで何度も何度もこういった状態で喧嘩してきましたが、

やはり相手を変えさせるのではなく自分が変わるのが一番
いいのだと実感した瞬間でした。

 

やっと遊びに連れ出してくれたのは、15時半でしたが。
まぁパパにはパパのタイミングがある
ということなのでしょう。
ママにはタイミングも何もなく、
気分でなくたって子どもと遊ばなければいけない使命を

背負って生きていますけどね!!!!怒。

 

◆パパをイクメン化するためには?

少なくともうちのパパの場合には、怒るよりも
放っておいて「ママはママ業頑張ってますけどね」アピールを
したほうがいいのではないかという研究結果がとれた本日でした。

 

各家庭のパパによって性格はそれぞれなので、同じ手法が
使えるかというと難しいところではあります。
しかし大事なのはママ側が毎度同じ対応をするのではなく、
ママが変わってみること。それで新しい道が開けるはずです。

私自身、今日の一件中、何度寝ているパパを踏んづけてやろうと

思ったことか。脳内では離婚の文字がグルグル。夕食作ってやらない
とかどんな罰則をしてやろうかなどしてやろうかなど考えていました。

今までは我慢していてもどこかで爆発して、パパと衝突していました。
怒らなかったら…自分から面倒を見ると言い出してくれた。
イクメンとはまだまだ程遠いですが、千里の道も一歩から!
同じようなお悩みで困っているママはぜひ参考にしてみてください。

育児も夫婦間の悩みも経営の悩みも、開運の法則と全部同じなんです。

相手を変えようとせず自分を変えてみる。


言うのは簡単だけどやるのはかなり大変です。
但し出来た時は、苦しんだ先にパーッと後光が指すような感覚です!

1日中寝ている休日のパパに子どもの面倒を見てもらうには?必要なただ1つのこと

我が家のパパは週1日お休みあればいい方。
急きょ休みがなくなったり、突然お休みになったりするので

一般的なサラリーマン家庭とは少し違います。

幼稚園の送迎も、送りは1度くらいしかしたことなく、
迎えも数えるほどでしょうか。


◆休日。体調が悪いママを尻目に昼寝するパパをどう
回心させるか?
パパは週1日でも休みがあるからいいですが、
こちらはなかなか定期的な丸1日休み!
という日が365日訪れないが
ゆえ、定期的に体調を崩します。
微熱があっても頭痛がしても、
どんなに眠くても!!それでも

子どもの面倒をみなければいけません。

今日はパパがお休みだったので、
パパを午前中はゆっくり寝かせてあげました。
(寝室で寝ているパパを起こさない。
5歳の息子も数年前からとっくに察して、
そういう状態の時はパパのところに行こうとも
しません。息子の方がよっぽど人間が出来上がっています)


そうこうしているうちに私の体調が悪化。
食欲もわかずお昼にはリンゴしか食べられない。
昼頃起きてきたパパに
「子どもと遊んで?」とお願いしたのに
「お昼食べたら眠い…」と言って、ぐーぐー寝始めました。
しかも「さっき遊んであげたじゃん」なんて言いつつ。

 

いや、たった1時間程度。
こちらは朝からずっと子どもと過ごしているし、
明らかに体調悪いのにその仕打ち…。

パパを呪いました。
これまでもこういう状況、何度も繰り返しているのですが

こちらがブチ切れると逆キレしてくるタイプなので逆効果。
もうあきらめようと、頭痛薬や痰切り薬、ビタミン剤など
ありとあらゆる薬を飲んで、我慢して子どもと遊んでやりました。

数時間経過して、パパお昼寝からお目覚め。
(この時点で1日のほとんどを寝ています)
無視していると息子に「じゃあパパと遊ぼうか」と。
ほう!!

今まで何度も何度もこういった状態で喧嘩してきましたが、

やはり相手を変えさせるのではなく自分が変わるのが一番
いいのだと実感した瞬間でした。

 

やっと遊びに連れ出してくれたのは、15時半でしたが。
まぁパパにはパパのタイミングがある
ということなのでしょう。
ママにはタイミングも何もなく、
気分でなくたって子どもと遊ばなければいけない使命を

背負って生きていますけどね!!!!怒。

 

◆パパをイクメン化するためには?

少なくともうちのパパの場合には、怒るよりも
放っておいて「ママはママ業頑張ってますけどね」アピールを
したほうがいいのではないかという研究結果がとれた本日でした。

 

各家庭のパパによって性格はそれぞれなので、同じ手法が
使えるかというと難しいところではあります。
しかし大事なのはママ側が毎度同じ対応をするのではなく、
ママが変わってみること。それで新しい道が開けるはずです。

私自身、今日の一件中、何度寝ているパパを踏んづけてやろうと

思ったことか。脳内では離婚の文字がグルグル。夕食作ってやらない
とかどんな罰則をしてやろうかなどしてやろうかなど考えていました。

今までは我慢していてもどこかで爆発して、パパと衝突していました。
怒らなかったら…自分から面倒を見ると言い出してくれた。
イクメンとはまだまだ程遠いですが、千里の道も一歩から!
同じようなお悩みで困っているママはぜひ参考にしてみてください。

育児も夫婦間の悩みも経営の悩みも、開運の法則と全部同じなんです。

相手を変えようとせず自分を変えてみる。


言うのは簡単だけどやるのはかなり大変です。
但し出来た時は、苦しんだ先にパーッと後光が指すような感覚です!

療育2年目。日々の生活で心がけていること。

 

 

 

先日、療育手帳の更新に区役所へ行ってきました。
初回は何がなんだかわからなくて、とにかく緊張したし
疲れましたが、今回は流れも把握しているので余裕をもって
対処できたと思います。

 

中途半端に時間が空いたので、2駅くらい歩いて帰宅。
そんな日に限ってその後、時間配分が悪くお迎えに間に合わない

かも!とダッシュ。翌日、筋肉痛になりましたとさ。
こんな私が考えてなさそうで実は考えているかもしれないし、
無意識でやっていることも含め、子どもとの生活で日々
心がけていることをまとめてみます。



◆朝食

最近は就学を意識して「20分で食べ終わるか」を目標に。
とはいえ、朝ってそんなすぐしゃきっとできないですよね。
それに想定よりも早く子どもが起きてしまったりすると、
そもそもご飯の用意もまだということもしばしばなので、
短めのアニメを1本みてもらって、その間に用意して。

 

トースト1/2枚やご飯一膳だけはテレビを止めて食べるように

最近促しています。朝ご飯は子ども本人に

「今日何が食べたいか」を聞いて、相談して決めています。
素敵なワンプレートを作って「はいどうぞ♡」なんてのも
憧れますが、「これじゃない」と言われるのもいやだし、
残されても私食べられないので、だんだんこのスタイルに
なりました。

例えば「パンがいい」と言われても1/2枚ずつ焼きます。
はじめは苺ジャムだけど、次はピーナッツバターがいいと
言われることなどがあるからです。私自身も前夜までは
「明日の朝ごはんはこれ食べよう」と思っても、起きたら
「この気分じゃない」ということも多いのでフィーリング
は大事にしています。自分が子どもの頃は、ワガママ言え
ず食べたくなくても食べていました。だから最悪、食べたく

なくても食べられる子なのです、私。だけど、それって自分の

意見が言えなくなるし、自己肯定感もなくなっていくので。
面倒でも子ども本人の意見を聞きつつ、でも「イチゴ食べたい」
と言われたけどない!なんて日もあるので、そのあたりは相談

して決めています。

 

もう少し大きくなったら自分の朝食は自分で用意するくらいに
なってほしいなぁなんて願いつつ。今は傍から見れば私、下僕

のようなのでそれに悩んだ時期もありましたが、発達クリニックの
先生からは「それでいい」と言われたし、「もっと楽しんだら

いいのでは?」とすら言われたのでマイスタイルで。

 

◆朝の身支度
我が家では、朝ごはんを食べ終わったら
着替え→トイレ→歯磨き→キシリトール
終われば、登園までの時間、テレビやyoutubeをみていい

というルールになっています。
そのため、あっという間に用意してくれます(苦笑)
アマゾンプライムキッズアニメは知育アニメっぽいものも
多いのでおすすめです。youtubeスマホでyoutubekidsを
ダウンロードしています。タイマーをかけられるので
制限なく観ることがなくなります。


◆帰宅後

平日は幼稚園から帰ったらすぐおやつ。

食べ終わったら最近は「ねぇねぇ、ママと遊ぼう?」
と言って遊ぶ時もあれば、テレビを観て休憩させて
あげることもあります。


幼稚園生活はやはり疲れるようで、帰ってくれば
寝っ転がって「ママ、靴下脱がせてー」と甘えてきます!
まぁそのへんは甘やかしつつ、絶対やるべきことややっては
いけないことは、鬼のように怒ります。

 

好きなテレビは
しまじろう/スポンジボブシンカリオン/ぴかちんキット/

ノージー/おさるのジョージ など…
です。ちょっと前まで仮面ライダーやレンジャーものも観ていましたが
ストーリーはついていけないようで、見なくなりました。

 

◆夕食
夕食も「何食べる~?」と相談して子どもの分は作ります。
偏食があるので親子で同じメニューということはとても少ないです。
最近は、なるべく「これ食べてみる?」と誘ったり、ちょっと
口の近くまで運んだりしてみることを意識しています。
ここ数日、ハイチュウ、トマトパスタが食べられるようになってきて
感動です。これ、タイミングも大事で我が家が5歳過ぎてようやく…

というところです。お子さんの成長具合をみつつ、無理させず、でも
定期的に試してみるといいかと。

ほぼワンオペ育児なので、最近は料理をお手伝いしてもらいつつ、
子どもの面倒をみています。野菜を触れながら名前を憶えられたり、
調理道具の名前を覚えたり。いい面たくさんあると思います。

 

 

◆お風呂

英語、ひらがな、カタカナのお風呂ポスターを見ながら入っています。

発音を「ママの真似してね」と繰り返させる、「ポスターのなかで緑の

ものはどれ?」と探すなど手を変え品を変え、というかんじです。
放っておくとこだわりが出るタイプなので、毎日同じ遊びがしたいというの

ですが、そこはさりげなーく少しずつ違う遊びに誘導していったり。

お風呂おもちゃも定期的に刷新しています。

100円ショップのもの、お祭りでもらったスーパーボールなど。
おもちゃを使わず、ずっとしりとりをしていることもあります。
なので子どもの割に長風呂です。

 

 

◆入眠まで
ママが髪の毛をかわかす間はまたまた視聴タイム。
ただしパパがいる時はパパと遊んで~というルールです。
終わったら、すぐ寝る!目標9時で動いています。
(遅れてしまうことはあります)

まだ添い寝が必要なので、最近は一緒に寝てしまっています。
「早く寝ろ~」と思って添い寝していても、察するのか全然
寝てくれず。いらいらして怒ってしまうこともあるので、
もうめんどくさくなり一緒に寝て、朝早く起きて自分の
テレビを観たりしています。

寝る前までの時間はけっこう楽しくて。
思い付きで「好きな女の子いるの?」なんて聞いたり。
最近はやっと会話もだいぶできるようになったので、
おはなしするのも楽しくなってきました。

「他に話したいことある?」
というと、「幼稚園でこんないやなことがあった」
とネガティブなことを話してくれることもあります。
当初は毎回毎回とても心配していましたが、
「こういう気持ちをママに受け止めてほしいのだな」
と思い、受け止めてあげるようにしています。

 

仕事を辞めてみて日々の育児がどう変わったか?

2017年を持って、週1日3時間だけ働いていたお仕事を
退職しました。途中から会社が移転してしまい、
片道1時間だったのでそれからはけっこうつらい毎日
でした。

◆仕事を辞めてみてどう変わったか?
たった1日。されど1日。
一週間のスケジュールで少しだけ余裕が生まれたように
思います。

そして、平日にたこ焼きなど手のかかるものを子どもと
一緒に作ってみたり、3、4時間じっくり子どもと遊んで
みたり子どもとの時間が増えた気がします。

時間的余裕が心の余裕につながり、
育児にも影響しているなと
少なからず感じています。

とはいえ、仕事を辞める=いい事、
だと説いているわけではありません。
「働きたい」と思う人は働いていいし、
子育てに専念したいと思う人は
そうあればいいと思います。

 

「仕事」と一口で行っても、
フルタイム、パートタイム、日払い、
フリーの仕事など現代は色々な働き方がありますし。

 

睡眠時間も長くなりました。
ストレスも少し減ったように思います。
去年は1、2カ月に1度は謎の微熱がでて
胃炎もおこすなど、身体がボロボロだったので
仕事を辞めてみてどんな変化があるのかも
楽しみです。



◆仕事を辞めて私はどうするのか?
幼稚園生活もあと1年ちょっと。
この春、子どもがIQをはかることになりました。
その結果次第でどう進んでいくかは分かりませんが、
IQが平均より低ければ
特別支援級に行くことになるでしょう。
支援級がある学校は遠く、
おそらく送迎しなければいけないので
一般的な仕事はおそらく無理でしょう。

IQが平均以上なら普通級に行ける
可能性もあるので、1年間
いろいろ頑張ってみようと思っています。
どちらにしろ、この1年ちょっと就学に
向けて後悔ないよう動きたい
と考え、退職に至りました。

 

小学校、普通級に行けば
低学年のうちにPTAを終わらせ
高学年になればまた社会に復帰できるか?
思えば、「専業主婦」だった時代が
私にはありませんでした。
人生において一時期、
そんな時代を過ごしてみるのも
いいかななんて思うのでした。


◆「専業主婦」って大変?
ちなみに今日は、元・会社の方々と
ランチへ。美味しいお寿司をご馳走になりました。
社長からは「俺は絶対専業主婦になれない」
なんて言っていましたが、どうなんでしょう?

「専業主婦」も色々ですよね。
趣味で忙しい専業主婦さんもいれば、
日々の料理に力を入れている専業主婦さんなど
他社多様。

自分なりのスタイルを見つけていきたいと思います。

息子よ、挨拶が出来る子になって欲しいのです。(今週のお題「2018年の抱負」)

今週のお題「2018年の抱負」

この時期はとにかく挨拶する機会が多いですね。
「良いお年を」「明けまして…」「(お年玉)ありがとう」など。
未だ一緒に住んでいるおじいちゃんおばあちゃん、定期的にあう私の妹にも
挨拶ができないゆっくり君。

今までは
まだ2歳だし。
まだ3歳だし。

もう5歳…。そろそろまずくないか?
新年早々、晴れ晴れとした気持ちに暗雲立ち込めるのでした。

彼の特性は理解しているつもりでも、
それぞれの細かい「出来ない」事を受け入れられているかと
そうではない事もたくさんあります。

そんな自分自身にもモヤモヤしてしまったり。
「言いたくない」気持ちは理解できても、
「ありがとう」この5文字を感情抜きにしても
言ってしまった方が楽なのに~
なんて思ってしまいます。


理解できていない部分に早速気付けた2018年。
もちろん全てを理解しようなんて思ってはいないですが、
「こんなのできて当たり前じゃん」と思っている自分が
いることにハッとしたのでした。