愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小2育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

力の抜きどころを知らない息子の運動会

運動会でした。
コロナ禍なので
全学年ではなく、
ひっそりと。
「本当に運動会?」
とすら思うくらいの、
静かな気配漂いつつの
開催でした。


数年前は
ガチガチに緊張していて、
呼びかけても、
手を振っても
「無」な息子でしたが。
今年は朗らかに、
自分から私達に手を振る余裕があって
「おっ!?」という想いと、
ホッとする思いが入り混じりました。


自分から立候補して、
選抜メンバーに入った競技。
意気揚々と参加できていたので、
滑りだし順調!
(連日、運動会の練習で
「疲れた…」と帰ってくるので
「そんなに??」と思ってましたが
選抜メンバーだけは、
校庭1周くらいダッシュするので
「これは疲れるわ💦」と納得。

担任の先生にも
家での様子を伝えていましたが、
「運動会は活躍を見せる場、
頑張る場、なので」
と言われ、モヤモヤしたけれど)


50m走も初めて1位。
ダンスもキレキレで踊れていて。

「よくやったじゃん!」と
帰宅した息子を迎えましたが、
なぜか不穏な雰囲気。
…泣きました😢
(イベント後は割と恒例💦)
理由は「疲れたから」。


分かるような、分からないような、
と思っていましたが、
家族が撮影したビデオを観て
やっと理解できました。

競技の待機時間のとき、
開会式、閉会式。
1人だけ、本当に1人だけ、
微動だにしない息子。
ピクリとも動かない…。

少し身体を動かしたりだとか、
他の子が競技中に身を乗り出したりとか、
音楽にノッたりだとか、
顔を掻いたりだとか、
一切なし。

 

映像を観ながら
「ねぇ、ちょっとくらい
身体動かしたっていいんだよ?」
と言うと「やだ!」と言われ
ビックリ…。

ふざけてウロウロしてしまうのも
困るけれど、真面目過ぎて疲れて
帰宅して泣くのもどうなのか…。

担任の先生には
「一生懸命なことはいいことです」
といい評価として受け取られて
しまいそうな気がします。


緩急というか、
力の抜きどころが身に付くと、
本人的にもラクになりそう…。
思わぬところで、新しい気付きが
得られた運動会でした。


個人的に楽しかったのは、
同じ学年の子を久しぶりに
見られたこと。
男の子は恰幅が良くなっていたり、
女子は髪の毛が伸びたり、
髪型が変わっていたり。
眼鏡をかけた子も多いので、
雰囲気が変わっていて。
息子以外の子の成長も
見ることができて、
じんわり感動した運動会でした。


そして、ただ観覧だけでも
疲れました。脚が既に筋肉痛…。
運動不足かも💦

 

今週のお題「運動不足」