愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小2育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

ドラえもんのチョコエッグから気付いた息子の気持ち

2学期がはじまりました。
うちの息子が夏休み中に主に
何をしていたかというと…


ドラえもん」一色でした(;・∀・)

私のサブスマホはすっかり息子のものとなり、
ゲームスマホともなっています。
そのスマホで息子は、狂ったように
Amazonプライムドラえもんの映画を
片っ端から観ていました。


以前から
「一緒に観ようよー」と
誘っていた時には反応がイマイチだったのに
なぜ今になって?私も一緒に観たかった💦
と悲しい側面もあるのですが(;´∀`)
アニメ映画とはいえ
何かに主体的に取り組めたのは
よかったことだと捉えています。

息子と話していても
「どこからそれ覚えたの?」と
いうようなことは大抵アニメから。

最近になって突然だじゃれを言い始めて。
(今までは全く彼の脳に入っていかない
感覚があったのですが…。)

で、「それどこで覚えたの?」と
聞くと案の定、ドラえもんなわけです。

だらだらとドラえもんを観ている姿だけ
見ると色々言いたくもなりますが、
実はドラえもんは息子にとって
かなり勉強になっている、
いわば「教科書」のような存在
であることに気付いてからは、
敢えて放っておくことにしました。


さらに気付いたのは、
息子がドラえもんのフィギュアも
地味に集めているという事!

よく「好きなお菓子買っていいよ」
のタイミングで息子が選んでいた
ドラえもんチョコエッグ

 最初はフィギュアはそのへんに
転がっていたり、すぐ壊れていたので
私もポーイと捨てていたのです。
(今考えるとひどい)

「やけに買ってくるなぁ」
と思いつつ、徐々に増えていくフィギュアと
ドラえもんの映画でようやく最近、
気付きました、集めているんだと。


幼少期から、
・車ブーム
・電車ブーム
・ゲームブーム
・恐竜ブーム
と、息子は短期的に集中して好きになり
たっぷり堪能し、次のブームへと移行
するようです。


それに気づいてからは、
いつの間にか増えていくフィギュアが
なんだか少し愛おしく思えます。

このフィギュアも
いつか捨てられてしまう可能性の方が
多いのでお金をかけるだけムダ…と
思う部分もありますが、
ドラえもんの映画をたくさん観ていたとき、
フィギュアを集めたなぁ」という
記憶と経験に投資していると思い、
今は黙認中です。

 

f:id:writerami:20200828110417j:image

 

なんて言って、
チョコエッグを買ってあげなかったことも

何度かありました。でもパパと買い物を
したときに必ず買ってくるので、
気付くことができたのです。
大人の視点で「無駄」って決めちゃ
いけないなと反省しました。
無駄かもしれないけれど
買ってあげることで
見えてくるものもあるのだと。


本当は「ドラえもん のび太の新恐竜」
も映画館に連れて行ってあげたいのですが、
夏の疲れがどっと出ていてただいま
休息期間な私…。

短い夏休みなのに、
子どもの歯医者、眼鏡調整、
発達関連のテストや相談に連日通い、
療育も…と、がっつりあったので
私にとっても「短い夏」でした💦

そんな短い夏。
私自身子ども時代に
観ていたアニメを、
息子も懸命に観ている姿を眺めると
微笑ましい限りです。

何を感じているんだろう?
そこから何を得ているだろう?


息子と一緒に鑑賞しながら、
あれやこれやと語り合いたい、
というのが最近の願いです。

お題「捨てられないもの」

お題「ゆっくり見たい映画」