愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小2育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

【休校再延長】子どもに「勉強しなさい」と言わない方法

息子の住む地域では
休校再延長も決まり、

2月末からの休校も
2カ月を超える長丁場となりました。

ここからは
夏休み期間以上となる未知の領域…。
「学校が無い」という考え方だと
つらくなってしまうので、
学校が無くても、
どう毎日楽しく過ごすかを意識して
日々過ごしています。

最近では毎日を
「勉強しなさいと言わないように
勉強させるゲーム」なんだと

自分に錯覚させています(笑)

「勉強しよう」
とストレートに言うと
磁石の反発かなと思うくらい
嫌がるので💦

ゲームから段々と勉強に
替えていったり、
「これが終わったら遊ぼうね」
とご褒美システムでやらせたり。

作戦1
①ゲーム
②ゲームっぽい勉強
③ゲームっぽい勉強
④勉強…

作戦2
①ゲーム
②勉強
③ゲーム
④勉強…

 

子どもの反応を見て
出し方、取り組む時間などは
日々変えてます。


序盤から、
単調に並んだ計算問題や
いかにも難しそうな見た目の
文章問題などの堅苦しい問題は
「いかにも勉強っぽい」からなのか
嫌がるので💦

クロスワード
数独
ナンプレ
などは
「ゲームっぽい勉強」として
使っています。

クロスワード」と言っても、

「ひらがなクロスワード
「かたかなクロスワード
「漢字クロスワード

と、探せば色々あります。


小2息子が解いた実際のクロスワード

f:id:writerami:20200508083033j:image

息子がやり終えて即、
くちゃくちゃに折り曲げてしまったので
見るも無残な姿ですけれども。

クロスワード問題なら
なんとか文字を書いてくれるのですが
「かめれおんの【れ】って何だっけ?!」
と、とにかく文字が思い出せない…😨
文字を思い出させる練習としても
使用しています。

問題自体は
スラスラ解けるのかというと、

そちらも難ありで。
「たべものをやくときつかうまるいどうぐ」
(最後に「ん」がつく)
とヒントまで出ていても、
台所に連れて行っても、
フライパンを見せるまで思い出せず_| ̄|○

「電子レンジ」や「鍋」も
実物見てモノの名前を言えず
「こ、これはまずい…」と
余計勉強させることが増える有様です。

親としては
「これは理解しているだろう」
と当たり前に思っていることでも、
意外と子ども側からすると
無知の世界だったりするので、
それを知るいい材料としても
クロスワードは重宝中です。

このあたりからダウンロードしています。
そのうち自分で問題を作ってみても
いいかもとも思っています。
クロスワードを作れるサイトもあるみたいで。

なぞなぞの本を見ながら、
手書きで作るのでも
息子レベルなら
まだ十分なのかもしれません💦

算数好きの息子のために
ナンプレ数独も子ども向けのものを
探し出してきたりしています。


あの手この手を使っても
もちろん嫌がる日もあるので、
「学校始まったら小テストがあって、
それが出来なかった子だけ補習なんだって」
と言うと、補習は本当に嫌みたいで
取り組んでくれます…。


ずっと机に向かうのは、
親の私も疲れるので💦
テレビ観ながらの学習も!

最近ではバラエティ番組も
立派な勉強になるなぁと
感じています。

面白かったし勉強になったし、
子どもも解けて盛り上がった番組。
番組を観た後、食事をしていたら
「あ、【迷い箸】だ。やめよう…」
と、さっそく学んだことを実践していた息子。

教科書に載っていることだけでなく。
「勉強」というカテゴリーにとらわれず。
もっと柔軟にいろいろなことを
吸収させたいと思った瞬間でした。


お題「気になる番組」