愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小2育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

【進研ゼミ】ChallengeEnglish、利用して1年後の変化

進研ゼミのChallengeEnglishを
利用し始めて約1年経ちました。

人とのコミュニケーションが苦手な為
英会話教室に通うなんて絶対イヤ!
な息子ですが、通信教育だからこそ
細々と続けてこれたなぁと思っています。

進研ゼミ小学講座は、
入会金・再入会金不要で
月2,980円で2教科(国語・算数)+英語。
(1教科が月1,000円。めっちゃ安い…)
せっかくなら英語もやろう!ということで、
特にチャレンジタッチ(タブレット
になってからは、国語・算数の流れで
英語も毎日やるようになりました。

「英語の勉強をする」といっても、
分からない単語や発音の仕方は
当初、私が隣に寄り添って
ささやき女将のように

子どもの耳元でボソッと呟いたり
していました。

それでもピンポーンと正解すれば
嬉しいようですし、息子の性格上
「ママとやるのは楽しい♡」
ようなのでこれで良しとしています。

ChallengeEnglishも毎月進化していて、
最近では英語に触れつつ楽しめる
ごほうびゲームが続々登場。
f:id:writerami:20200419172723j:image
こういうのがあるだけでも、
子どものやる気は出るし、
親としても促しやすい!


「AIスピーキング」というシステムは、
外国人と会話の疑似体験している気分。
息子にはまだ難しいようなので、
まず私が積極的に体験して
それを聞かせるだけでも勉強、
と思って利用しています。

f:id:writerami:20200419172733j:image

1年間必ず毎日利用していたわけではなく、
お休み期間ももちろんありましたが
最近の子どもの様子を見ていると

「えッ、その単語読めたの?」
「あ…リスニング、正解してる…」
微々たるものですが
英語の力が付いていることが
確信できる場面が増えてきて
嬉しい限りです。

2020年教育改革によって、
「外国語活動(英語)」が
小学3年生からスタートし、
小学5年生からは教科として
成績がつくのですから
今から少しでも
英語力が付けられていることは
後に大きな力になると期待して、
日々コツコツと。

息子本人も、最近は
英語が「できる」ことを
実感しているのか、
「取り組むレッスン数を
増やすこともできるよ」
タブレットに促され、
1日2,3レッスンやることも。
1年前との変化に驚きです。


私自身、学生時代は
英語が得意だったのですが
その理由は幼児期にずっと
セサミストリート」を観ていたから。
はじめは全く英語を聞いても
分からなかったのに
ずーっと繰り返し見ていたら
自然と理解できるように
なっていたのです。

 

幼児期からがっつり英語漬けに
すべきかどうかは分かりませんが、
ある程度英語が身近であった方が
後々いい効果があるのではないかなと
自分の経験を以てしても感じる
ところです。

そしてさらに1年後の
息子の変化が楽しみな
今日この頃です。


※現在、チャレンジタッチは
人気殺到のため申し込んでも
教材が届くまで1か月待ちとか…。
加入を検討しているなら、
早めに対応しておいた方が
よいのかもしれません。

学年によって、
退会の場合でもタブレット返却不要だったり、
そうではなかったりと細かなルールがある
ようなので、受講システムについて
よく読んでおくとよいと思います。

お題「これ買いました」