愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小2育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

子どもの「好き」を追求したら起こった意外な結末

3/14は、息子にとって
少し特別な日でした。

ホワイトデーだから
お返しがどうのという
甘酸っぱいかんじではなく…

 

デュエル・マスターズ
キングマスター スタートデッキ

・ジョーのキリフダッシュ
・鬼札の鬼タイム
の発売日~💦

DMSD-14 デュエル・マスターズTCG キングマスタースタートデッキ ジョーのキリフダッシュ

DMSD-15 デュエル・マスターズTCG キングマスタースタートデッキ 鬼札の鬼タイム

と言っても、家に既に
溢れんばかりに既存カードがあるし、
母としてはもう買いたくないので
「自分のお小遣いで買いなさい!」
と息子(小1)に申し立て。

手元にあるお小遣いをかき集めると、
2000円以上あって、上記を買っても
お釣りがくる計算になると知り、
「自分はお金持ちだ♡」という
浮ついた認識をする息子氏…。


何かと「ママ、僕のお金で
買ってあげようか?」

って言ったりして、母として
複雑な気分になった過去あり。
本当なら春休みに、
お金の勉強をさせてくれる講座に
参加させる予定でした。


この後も続々と新カードが
発売されるだろうから、
「お金を使ってしまったけれど
欲しいものがある、どうしよう!」
という経験をさせたいがために、
自分のお金から出させるつもりでした。

 


悪天候でのデュエマ探し
雨からみぞれ、そして雪へ。
そんな悪天候のなか、
午前中からデュエマを
探し求めるのでした。

まずは近所のコンビニ。
レジ横に置いてあるか偵察していると、
不審な動きに店員さんが「???」。
結局このお店には置いておらず、
デュエマ購入時に御用達の、
家から800mほど離れたコンビニへ。

天気が悪くても超ご機嫌で
ずっとしゃべり続ける息子。
「もしかしたら無いかも
しれないからね!」
と念を押す私。
案の定、店内に見当たらない…。
「諦めよう」と諭す私に、
「店員さんに聞いてみるのは?」
と息子は提案しきてきたのでした。

 

◆人生初!店員さんに質問できた
本人的には「ママが聞いて?」
という意味合いだったと思うのですが、
「せっかくだから自分で聞いてみよう!
手伝ってあげるから」と丸め込みw
レジへ。

他の商品を購入している間、
ずっと私の方を見て
(い、いつ言い出せばいいの??)
(ママが言ってくれるの???)
という表情の息子w

今だ!と息子の背中をポンと叩き、
(でも無理だろうな、私が聞こう)
と思っていたら
「あのー…、
今日発売のデッキありますか?」
と。

「あ、デュ、デュエマのデッキです」
と慌ててフォローしましたが、
彼が店員さんに自分から質問できたのは
人生初の出来事でした。


結局、ここのお店にもなく。
「残念だったけど、よく聞けたねー!」
と褒めていると、
道すがら、涙、涙…。

頑張って歩いてきて、
頑張って探して、
勇気を出して聞いたのに、
悔しく、悲しく、つらかったのだと
思います。


出勤中のパパに、
この経緯を説明。
もし出来たら帰りに買ってきて?
と依頼しました。

 

f:id:writerami:20200316104916j:image

パパも息子の勇気に感銘を受けたようで、
「買う必要ある?」という
思いを抱えながらも
買ってきてくれました。
さらに、「半額出してあげるよ」と
値引きサービスまで。

私としては、
「お金は使ったら無くなる」
という経験をさせたかったのだけど、
まあいいか。


◆デュエマ
キングマスタースタートデッキについて

 ようやく手にしたカードは、
どこが「キラカードなの?」と
思っていたら、
写真では分かりづらいけれど、
全てのカードにホログラムが入っていて
キラッキラ~☆

f:id:writerami:20200316104419j:image
拡張パック(5枚入り)で買うより、
結局デッキ(40枚入り)の方が
パワーバランスもよく
遊びやすいように感じました。

午前中のデュエマ捜索前に、
「コロコロ4月号の付録を買うのと、
商品としてのスタートデッキを買うのは
どっちが良いか?」についても
調べたところ、
コロコロコミックの付録だと、
ハーフデッキ×2で、同じカードばかり
集まってしまうので、せっかく買うなら
付録ではないものを買う方がいいと
個人的には思いました。

 

◆子どものおもちゃ、
悩みは尽きない…

「やっと入手できたー」と
ホッとしていたら、
今度はスリーブ(カードを保護する袋)
を買うかどうかで
夫婦で意見が分かれ、モメました;

子どもの「好き」「欲しい」に
どこまで投資するかは意見も分かれるところ
ですが、これはもう毎度、頭を突き合わせ、
腹を割って話し合うしかないのかな…。

話し合っているときに、
息子に「買わなくてもいいんじゃなーい?」
と言い放ったら、
「でも○○くんとデュエマのお話が
できなくなっちゃう;」とポツリ。
コミュニケーションが大の苦手な
息子なりに、仲間との大事なツール
ということを理解しているんだなと
新たな発見でした。

 
とはいえ、何でも買ってもらえると
思われても嫌だし。
まずは子どもにお小遣い帳を
つけさせてみようかと計画中です。

 

お題「わたしの記念日」