愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小2育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

【小学生の子育て】悩んだ時に読んでよかった!「頭のいい子の親がやっている『見守る』子育て

就学以前と比べると悩みは減ったものの、
まだまだ悩み多き小学生の子育て。

「テレビゲームをさせないか否か?」
「習い事をさせるか否か?」
「中学受験をさせるか否か?」
など…。

一度は心を決めたはずなのに、
諸々の状況や事情により何度も揺るいで、
また元に戻って、というのは
きっと私だけではないはず。

何度目か数えきれないほどの揺らぎで
また細々した悩みを抱えていたときに、
この本を読んで改めてハッとさせられました。


正式なタイトルが長いのですが…
「中学受験のプロが5000組の親子と面談して
わかった 頭のいい子の親がやっている
『見守る』子育て」

著:中学受験情報局
  「かしこい塾の使い方」主任相談員
  小川大介

 

頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て

頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て

 

 大前提として読みやすいです。
難解な業界用語などは使われていないので、
早い人なら1時間ほどで完読。
且つ、無意味にだらだら書いているような本でも
ないので、どのページを読んでも学びがあります。

AIの出現、SNSの発達など

「社会のしくみが変わった」ということは、
すなわち「子育てにおいて心配したほうがいい
ポイントも変わった」ことを意味します。


育児本は星の数ほどありますが、
やはり時代と共に内容も変化しているので、
せっかく読むなら最新ものがいいんだ!と
この文章からも気づかされます。

そして、現代のパパママの不安ポイントを
スマートに解決してくれる数々の言葉たるや。
どこを読んでも「これでいいんだ!」と
思わせてくれて…。
さすが!としか言いようがありません。

他の育児本でも見かけた内容も
あるにはあるのですが、
一つだけ「これは初めて見た!」
と驚いた表がありました。

「好きな遊びからわかる学びのスタイル」
というものです。

f:id:writerami:20200126131143j:image

我が子の好きな遊びの箇所を
読んでみると、
その子に適した学びのスタイルが
見えてくるのです。


今後、子育てで困ったとき、
悩んだとき、行き詰まったとき、
何度でも手に取って助けを求めたい本です。

我が家の本棚を見ると、一冊だけ
「これは!」と、当時思った育児本が
並んでいたのですが、気付けば
幼児期向けのものでした。

子どもの服だって、おもちゃだって、
成長と共に買い替えているのだから、
育児本だってそろそろ買い替えが必要だなと
思った瞬間でした。


冬はなかなか外遊びに出られませんね、

寒くて。読書が進みます。