愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小2育児ing。話題のスポット・穴場な遊び場のリサーチ好きの一方で、実のところはインドア派。

ユニバーサルスタジオジャパンに家族で初めて行ってみた from東京

ユニバーサルスタジオジャパン
行ってきました!
東京から出向いて
前泊しての参戦です。

USJ入園前

入園前におみやげやさんがあって
テンション上がります。
キャラ帽子を試着して写真を撮っていたら
店員さんが来て、「怒られるかな?!」
と思ったら、「可愛いですよねー。
どんどんかぶって、撮ってくださいね」と
言ってくれました。優しい。

f:id:writerami:20191224160014j:image

USJ入園
前泊していたこともあり、
9時半ごろには入園ゲートに
いた、はず。


手荷物チェックあり。
リュックの中がグチャグチャで
子どものお菓子や飲み物がたくさん
入っていたので焦りました;
(事前に整理しておけばよかった!)
ペットボトルなどは、見られても
咎め無しでした。

ディズニーランドだと、
入園と同時に駆け出す人も多くて、
殺伐とした空気すら感じることも
多いのですが、そういった空気は
なくホッとしました。
(空いていたせいかも)

 f:id:writerami:20191224154138j:image


ミニオン・パークへ

f:id:writerami:20191224154429j:image

ミニオンのイエロークリスマス開催中
でした。映えスポット満載。

9:50
ミニオン・ハチャメチャ・ライド
(40分待ち)
※一番短い待ち時間らしいです

子どもは身長を計ってもらって
身長制限クリアのリストバンドを
つけてもらいました。

 

f:id:writerami:20191224154501j:image
感覚過敏の子は嫌がるやつ~;
服の袖をわざと折って
リストバンドが動かないよう

固定すると、気にならなかったようです。

「40分待ちかぁ」という

気持ちだったのですが、
①どこに並んでも
テレビ映像でミニオンクイズなどが

流れているので、
子どもも飽きずに済みました。

f:id:writerami:20191224154538j:image



②とにかくどんどん進んでくれる!
止まってイライラ~ということがない!

③アトラクションの時間込みで

40分だったよね?
というほど、

実際の待ち時間は短く感じました。

アトラクション前には、
ちょっと笑える仕掛けもあって
「さすが大阪!」でした。
やっと乗れたアトラクションでしたが、
映像に合わせて乗り物が動く仕様で、
ちょっと気持ち悪くなってしまいました;

子どもも機嫌が悪くなってしまいピンチ!
じゃあ気分を変えよう!とハリポタゾーンへ。

ハリーポッターゾーン

f:id:writerami:20191224160120j:image

混雑時には整理券で入場制限もあると
聞いていたのでおびえていましたが、
入場制限なく自由に入れました。

少し長い森を抜けると、まさに
ハリーポッターの世界!

 

f:id:writerami:20191224160540j:image

ハリーポッターファンのパパは大喜び!
この時点では全くハリポタを知らない子どもも、
おっかなびっくり楽しんでいるようでした。

f:id:writerami:20191224160129j:image

やや薄暗いこともあり、
子どもは嫌がったのですが
半ば無理やり並んでもらった
「ワンド・スタディ」。
でも短時間、見るだけなので負担はなかった様子。
むしろ俄然、杖に興味を持った様子。
「ねぇ、なんでみんな杖持ってるの?
僕も欲しい!」

そんな息子に私は
「あぁ、自分の欲求をしっかり言葉で
言えるようになったんだなぁ」と
感動するのでした。


帰り道の森では、色々な音が聞こえるので
耳を澄ませておくべし。


◆お土産タイム
杖は買わない、買えないので
お土産タイムへ。
USJの店員さんって、レジで
「これでミニオンとずっと一緒ですね♡」
とか「大切に使ってくださいね♡」
とか必ず一言つけてくれるのですが、
それよりも

自宅用ではないおみやげの
値札を外すか隠すかしてほしいなぁと
思うのでした。


おすすめはニット帽!
全くチクチクしない素材なので、
感覚過敏の子はもちろん、
そうではない人でも
とってもかぶりやすい
思います。
(サイズフリーなので、
チクチクが苦手な大人にも)

◆ランチタイム
今回はエクスプレスパス
(いわゆる有料のファストパス)も追加で
買わず、ランチの予約もしなかったのですが、
ランチは事前予約してもよかったかも。

お店に入って待っていても
とにかく席が空かず!
私は足にも身体にもホッカイロ貼って、
ヒートテック2枚着ていたので
外で買って外で食べても
平気だったのですが。

f:id:writerami:20191224165503j:image
できれば室内でゆっくり休憩する
時間もあったらなと思いました。
(写真はテイクアウトで食べられるスープ)


◆プレイング・ウィズ・おさるのジョージ

f:id:writerami:20191224165533j:image
腹ごなしをしたら満を持して、
私が一番楽しみにしていた

おさるのジョージへ。

でもどのアトラクションよりも

待ち時間が長く感じました…。

キッズエリアが前方にあるものの、
保護者は一緒には居られないので注意。

でもシャボン玉が出たりするので、
母子分離できる子なら前方に行ったほうが
楽しいかと思います。
低学年までのうちに行くのがおすすめ。

 

◆スペース・ファンタジー・ザ・ライド
夜になるにつれ、どのアトラクションも
どんどん待ち時間が増えたり、営業が
終わってしまうものも多かったので、
乗りたい乗り物は早いうちに乗っておくのが
いいということを学びました。

「子どもでも乗れるジェットコースターに
みんなで乗りたい!」ということで、
最後に選んだのが
「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」。
ディズニーで言うところの、
スペースマウンテン的な乗り物です。

ぐるぐる回りながら駆け抜けるのですが、
3Dや4D要素はなく、単純に疾走感を
楽しめました!大人が喜んでいたせいか、
子どもも「これが一番楽しかった!!」
と大喜び。

乗り終わって写真を買い終わったら、
ちょうど花火も見れて最高でした。

 

翌日はキッザニア甲子園に行くので、
綺麗なイルミネーションに後ろ髪を
引かれつつ、
早めの18:30にUSJを後にしました!

f:id:writerami:20191224165815j:image
イルミネーション、綺麗でした!
15時頃にはもう場所取りしている人も。

f:id:writerami:20191224165818j:image

12月初旬の18時半ごろ。

f:id:writerami:20191224165821j:image


途中、子どものイヤイヤタイムも

あったのですが
数字を見ると落ち着くのか、

地図を見て
「○番のお土産やさんに行こう!」と
リーダーシップを執りつつ、
自分のペースを守っていました。

こういった場所だと大人はどうしても、
効率や「元を取らなきゃ!」という
気持ちになってしまいますが、
子どものペースも忘れてはいけないなと
反省もしたのでした。

最後に。
建設中のスーパーマリオエリアも
チラッと見えてワクワクしました!

f:id:writerami:20191224170619j:image

帰宅してからは、家族で

映画ハリーポッターシリーズを

楽しんでいます。

子どもとしても、

世界観を体感してから映画を観るのは

入りやすいようです。