愛すべきグレー ~お出かけ日記~

小1育児ing。話題のスポットも好きだけど、穴場な遊び場を探すリサーチ好き。

子どものからだと心が成長?!家庭内療育としてWiiを使ってみた

お題「マイブーム」


Wii再熱の発端

行こうと思っていたボードゲームカフェが
満席ということで困っていると、パパが
「あれやろうよ」と久しぶりに出してきたWii

f:id:writerami:20190528091158p:plain

リモコンがどうしても1つしか見つからなくて、
パパがブックオフで中古をゲット。
(二、三千円で買えたとのこと)
結婚したお祝いに貰ったので、もう何年振りだろう。
久しぶりにやってみると家族で大ハマリでした!


◆家庭内療育にWiiWiifitがおすすめの理由

子どもにとっては人生はじめてのWii
当初はリモコンの操作に悪戦苦闘していましたが、
体幹と体感がモノを言うWiiなので、細かいボタン操作が
必要なゲームよりは遊びやすそうにしていました。

Wiifit+(ウィーフィットプラス)

f:id:writerami:20190528091831p:plain

体重計のようなWiiボードに乗って遊びます。
体重移動がカギなので、バランス力が大事!

・ヨガ
・筋トレ
有酸素運動
・バランスゲーム

とメニューが豊富ですし、
リズム感やタイミングなどを使うゲームも多いので、
家庭内療育として用いるのに効果的だと個人的には
感じました。

興味関心の幅が狭いので、はじめは新しいゲームを
すごく嫌がるのですが、楽しそうに遊んで見本を
見せると「やりたい!」と。
特にパパママよりも点数が上がると嬉しいようです。

フラフープを回すゲームは、実際に学校でフラフープを
やるのにいい練習になりますし、「足して10になるように
ボタンを押す(身体を使って)」などは頭と身体を同時に
使うという、まさに苦手な分野にアプローチしてくれている
ように思います。

全部のゲームをはじめからうまくできるようになる、のは
大人でも難しいので、上手なゲームを褒めて褒めて、
「じゃあ他もやってみよう」という気持ちにさせるのと、
「これやりなよ!」と無理やり薦めるのではなく、本人の
タイミングに任せています。

そして親の私も立派に運動できます!
Wiiフィットプラスを真剣にやった翌日は、全身筋肉痛なくらい!
子どもと遊びながら、ダイエットにもなるので
たまに本気でリモコンの奪い合いになります笑。

 

 

②Wiisports リゾート

f:id:writerami:20190528093108p:plain

子どもとしては今一番これにハマっています。
チャンバラとか、いかにも男の子が好きそう!
これから梅雨時期、どこにも出かけられないときにも
体力とストレス発散のため最適かと。

ゲームで自信をつけて、「本物のボーリングやりたい!」
と実際にボーリング場に行ったこともありました。
興味がゲームからここまで派生するとは、と正直びっくり。


③はじめのWii

f:id:writerami:20190528093540p:plain

身体を動かしてばかりだと、さすがに疲れてしまうので
最近はこちらも好きです。
リモコンを上下させたり、ひねったり、ゆらしたり。
ゆっくり動かすなど苦手な動作も、遊びであれば
自然と頑張ってやるのだから不思議です。


ただボーっとテレビを見るだけよりは、
手や頭を使うのでいいと思います。

パパが帰宅後、子どもから「遊ぼう」と言われても
なかなか重い腰が上がらないことも多いですが、
ゲームだと遊んでくれるところも助かります。

 

ジャストダンスWii

f:id:writerami:20190528094210p:plain

リモコンを持ちながら、画面と同じ動き(ダンス)を
して高得点を狙うゲームです。
Wiiは現在、残念ながら生産終了。
こちらは我が家でWii再開しはじめてから購入したのですが、
新品でも千円とリーズナブルでした!

体育や運動会で本格的なダンスを求められる学校も
多いので、遊びからダンスに慣れておくと苦労しないかも。
ママは本気でダイエットがてら踊ってしまうので、
子どもより高得点を出してしまい…。
子どもに嫌がられています;;

「新品で千円だからダメ元で」と買ってみたソフト
でしたが、全曲がアーティスト本人の声なので
聞いていても楽しい!
AKB48EXILEピンク・レディー安室奈美恵など
有名な曲が多いのも驚きでした。
最大4人で踊れるので、きょうだいや友人と
遊ばせることもできます。

 

Wiiで克服。
「癇癪」と「我慢」、「成長」

数ある特性のなかでも
「絶対勝ちたい」「負けるとひどい癇癪を起こす」
という部分が根強い長年の悩みではありましたが、
なんと最近、鳴りを潜めています。

とにかく負けるとひどく怒って手がつけられないので、
「動画で撮影して、療育の先生にみてもらおう」と
パパにこっそり話していたら、たぶん聞いていたようで。
それっきり負けても怒らなくなりました!

ためしに同年代の友達とWiiをやらせてみたのですが、
やはり男の子って勝ちたい生き物なんでしょうか。
友達も負けたら、怒ること!
理不尽なことをウチの子にしてきて、
「どうなることか?!」と思いきや
「どうしてそんなことするの?」「やめて」
と冷静に伝えていて、逆上することなく
我慢していました!!

お友達を帰したあとに
「あのとき怒らなかったの偉かったね!」
と本気で褒めました。

Wiiを通して様々な部分が成長できているのかも?!
と思った出来事でした。

いいことばかり書いてきたWiiではありますが、
テレビゲームなので視力面は心配です。
特に子どもってどんなに口を酸っぱく言っても、
どんどんテレビに近づいてしまう!

都度注意したり、「宿題してからゲームしようね」
「ゲームは〇時までね」と、ほどよい量で終わるように
調節しています。

最近はボールや遊具を使って思いっきり外で遊べる
場所がめっきり少なくなってしまったので、
困った時にはWii、という選択肢を我が家では
重宝しております。