愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児について。また、子どもとのお出かけレポート(口コミを含み体験日記)

いいこってどんなこ?

 

タイトルを見て思わず借りてしまった
絵本。


f:id:writerami:20181016123841p:plain

 

内容は、うさぎのバニーが
お母さんに「いいこってどんなこ?」と尋ねる
話です。


「なかないこがいいの?」
それに対してお母さんは
「ないたっていいのよ。でもね、バニーが
泣いているとおかあさんまでかなしくなるわ」
と言います。

こわがりやでもいい。
おこりんぼでもいい。
どんなにあきれるほどのおばかさん
でもいい。

とお母さんは言うのです。
そして「バニーはいまのまんまでいいの」
とも。
最後に
「バニーはバニーらしくしていてくれるのが
いちばんよ。だっておかあさんは、いまの
バニーがだいすきなんですもの」
という言葉で終わるのです。

 

子育てをしていると、つい
「頑張って」「もっと…」
と子どもに向かって言ってしまったり、そのような
対応をとってしまいがちですが
今の子どもそのものを認めてあげることって
大事なんだなと気づかせてくれる絵本です。
そして何より、自分自身にも
「今のままでもいいんだ」という
気持ちにさせてくれます。

 

母親の自己肯定感を上げることは、
子どもにも影響を与えると思っています。
私が子どもの頃、母がネガティブな事
ばかり割と言う人だったので、
私もその癖がついてしまいました。

なので、

私は子どもに対して敢えて
「それはラッキーだったね」とか
「今日はラッキーだ」
など前向きな言葉がけや、独り言を
言うように心がけています。
とうとう、この前子どもが
「ラッキー♪」と呟いていました!
それまでは割と
「あぁ、もうだめだ」とか言う子
だったので、よしこれからも
続けていこう!と思ったのでした。