愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児について。また、子どもとのお出かけレポート(口コミを含み体験日記)

息子、初めての登園拒否。だけど「登園拒否記念日♪」と思うワケ

◆朝の前触れ
その日はそもそも朝起きるのがいつもよりも
遅く、「なんだかいつもと違うな」とは
思っていました。

ようやく起床すると、少し顔色が悪く
「お腹痛い」とのこと。
「幼稚園、休む?」と試しに聞いてみると
なんだか休みたさそうにするので、逆に
おかしいなと思い色々話を聞いてみることに。

そうこうしているうちに時間も過ぎてしまったので、
とりあえず今日は休もうとなりました。
すると、なんだか元気に。



◆幼稚園を休みたかった理由
今回すごくよかったのは、
しっかりと自分の気持ちを話せた点だと
思います。
最終的には「幼稚園、行きたくない」
と言ったのです。
どうやら、前日は幼稚園で段を上げた跳び箱
をやらされ、その後は療育。
息子もかなり疲れたようでした。
本人なりに「今日は幼稚園頑張れない」
と判断したようで!
しかも「明日はちゃんと行く」と
言ってるあたり割としっかりしていますw

「休んでもいいけど、テレビも観れないし
カードゲームもやらないよ?それでもいい?」
と聞いても気持ちが揺るがなかったのです。

入園当初、幼稚園いやだな~は多少あった
ものの、年中や年長になってから
今日のような登園拒否は初めてだったので
戸惑いもありましたが、
「とうとう来たか~」という気持ちも
ありました。


ここのところ運動会の練習続きで
ずっと頑張ってきて、ちょっと疲れちゃった
のもあると思います。
ちょうど園で特別な行事もなく、
私としても「子どもが休んでも問題なかった」
ので「今日は少し休ませよう」と
いう結論となりました。

 

 

◆園への連絡
園には「お腹が痛いので本人とも相談して
休ませます」と連絡をしました。
その代わり、息子の想いを連絡ノートに
書いて明日渡すことにしました。

「それずる休みじゃないの!」
と叱責してくるような園ではないのですが、
どう返事がくるでしょうか。

 

 

◆登園拒否、よかった点
欠席が決まる前にすでにお弁当は
作ってしまっていたため、
「お昼にはお弁当をたべるんだよ」
と約束をしてありました。

普段、息子がお弁当を食べるシーンを
なかなか見ることがないので、
・どれくらいのペースで食べるのか?
・どれから食べ始めるのか?
・食べ終わる時間
などを私の目で見ることができたのは
とてもよかったです。

結果、もう少しお弁当の中身を
増やそうと決意したのでした。

また、子どもともゆっくり話をして
「何が不安なのか」など気持ちを
聞くことができたことも、
息子への理解にもつながりました。
同時に「この子、こんなに自分の気持ちを
考えて話せるようになったんだ?!」
という驚きもありました。


子どもなりに
「明日も明後日も、もうずっと幼稚園
なんて行きたくない」という拒否では
なく、「今日はお休みしたい」という
拒否の仕方だったのも
「まだ5才なのにえらいじゃん」とも
思ったのでした。



◆子ども本人の様子
元気そうなので「じゃあ幼稚園、今から
でも行こうか」と言うと
途端に顔が暗くなってしまったので、
「あぁ、でも深刻な面もあるのかな」
とも感じるのでした。

今も、粘土をやったり
幼稚園にもあるおもちゃで遊んだりと
本人なりに欠席を配慮して
家で過ごしていますw

小学校に行ってから、
「行きたくない」という日も
きっと来ると思います。
でも今の息子となら、乗り越えられそう
だなと実感できたので
「今日は登園拒否記念日」
思うことにしました。


そんな私も、微熱が出始めてもう
11日目…。葛根湯と鎮痛剤でだいぶ
身体は楽になりましたが、それでも
体温の変化なし;
子どもが登園すると、
「貴重な時間!」とばかりにタスクを
詰め込んでしまうのですが、買い物も
行けず珍しくほぼ何もしない午前中を
過ごしました。
たまにはそんな日も必要ですね~。