愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児について。また、子どもとのお出かけレポート(口コミを含み体験日記)

療育親子(HSP)の夏休み2018

夏休みも残りわずか。
小学校は学校によって始まっていたり、
これから始まるところがあったりまちまち
なのだそうですね。
我が家の通う幼稚園は9/5からはじまるので
残り約1週間となりました。カレンダーが
8月と9月にまたがっているせいか、あまり
「あと1週間!」という感覚がしませんが…。
我が家の今年の夏休みを振り返ってみようと
思い立ちました。

◆ハードスケジュールな夏休み前半

前半は本当に「よくこなせたな」というほど
予定爪爪、じゃないツメツメの毎日でした。
まず夏休みに入って早々、新潟方面に旅行。
就学相談、舞台鑑賞、STさんとの面談、
療育グループの仲間とご飯に行ったり、
幼稚園のお友達の家に行ったり、人形劇鑑賞、
熱海方面に旅行、HUGHUG…。

 

お盆前までは毎日、息をつく暇もないほどの
毎日でした。特に、療育先での「ご招待」
で色々行かせて頂いて。
ありがたかったけれど、この忙しさを
年少、年中のときの自分に少し分け与えて
あげたいくらいでした。

 

◆休息のお盆、夏休み後半


アクセル全開の夏休み前半でしたが、
お盆にまず息子が熱を出し。
たった1日で治り、次は私が患ったのでした。
なぜか生理になる少し前に、ほぼ微熱が出る私…。
なぜなんでしょう?

体調は何日かしたら治ったのですが、
夏休みのような派手なお出かけに
気持ちは行きたいものの、身体は動かず。
ありえない猛暑も要因ですけどね。
すっかりエコモードと化すのでした。

 

 

◆夏休み中の子どもの変化
夏休み中も幼稚園の託児をちょこちょこ利用させて
いただいていましたが、最年長になったせいか
園託児が「自分の場所」と感じているようで。

年少のときには身体がガチガチだったのに、
今ではお迎えに行くととても大きな声で話している
息子に「おぉ…」と驚かされます。
未だに普段の園生活ではほとんどしゃべらないので
(子ども同士では会話するようですが)

また、以前は「かわいいちっちゃい男の子♡」だったのが
すっかり「ボーイズ」になってしまったなぁと。
寝ている姿など見ると、「脚伸びたなぁ」とか
しみじみ思います。それでもまだ
・ママがどこかに行くとすぐ家中捜索
・家でのお着替えはママにやってもらいたい
・寝るのもママと一緒♡

など、まだまだ甘えん坊です。
いつまで続くのかなぁ。



◆2学期に向けて…
早々に運動会の練習に入るだろうと
思っています。できないこともあるだろう
けれど、他の子と比べないように、
できたところに目を向けるように。
親子で、園生活最後の行事を
それぞれ楽しめるように意識して
取り組んでいきたいと思います。
そして自分にも子どもにも時には
甘く!休み休み、忙しい日々を
乗り切っていけたらいいなと思うのです。