愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児について。また、子どもとのお出かけレポート(口コミを含み体験日記)

仕事を辞めてみて日々の育児がどう変わったか?

2017年を持って、週1日3時間だけ働いていたお仕事を
退職しました。途中から会社が移転してしまい、
片道1時間だったのでそれからはけっこうつらい毎日
でした。

◆仕事を辞めてみてどう変わったか?
たった1日。されど1日。
一週間のスケジュールで少しだけ余裕が生まれたように
思います。

そして、平日にたこ焼きなど手のかかるものを子どもと
一緒に作ってみたり、3、4時間じっくり子どもと遊んで
みたり子どもとの時間が増えた気がします。

時間的余裕が心の余裕につながり、
育児にも影響しているなと
少なからず感じています。

とはいえ、仕事を辞める=いい事、
だと説いているわけではありません。
「働きたい」と思う人は働いていいし、
子育てに専念したいと思う人は
そうあればいいと思います。

 

「仕事」と一口で行っても、
フルタイム、パートタイム、日払い、
フリーの仕事など現代は色々な働き方がありますし。

 

睡眠時間も長くなりました。
ストレスも少し減ったように思います。
去年は1、2カ月に1度は謎の微熱がでて
胃炎もおこすなど、身体がボロボロだったので
仕事を辞めてみてどんな変化があるのかも
楽しみです。



◆仕事を辞めて私はどうするのか?
幼稚園生活もあと1年ちょっと。
この春、子どもがIQをはかることになりました。
その結果次第でどう進んでいくかは分かりませんが、
IQが平均より低ければ
特別支援級に行くことになるでしょう。
支援級がある学校は遠く、
おそらく送迎しなければいけないので
一般的な仕事はおそらく無理でしょう。

IQが平均以上なら普通級に行ける
可能性もあるので、1年間
いろいろ頑張ってみようと思っています。
どちらにしろ、この1年ちょっと就学に
向けて後悔ないよう動きたい
と考え、退職に至りました。

 

小学校、普通級に行けば
低学年のうちにPTAを終わらせ
高学年になればまた社会に復帰できるか?
思えば、「専業主婦」だった時代が
私にはありませんでした。
人生において一時期、
そんな時代を過ごしてみるのも
いいかななんて思うのでした。


◆「専業主婦」って大変?
ちなみに今日は、元・会社の方々と
ランチへ。美味しいお寿司をご馳走になりました。
社長からは「俺は絶対専業主婦になれない」
なんて言っていましたが、どうなんでしょう?

「専業主婦」も色々ですよね。
趣味で忙しい専業主婦さんもいれば、
日々の料理に力を入れている専業主婦さんなど
他社多様。

自分なりのスタイルを見つけていきたいと思います。