愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児について。また、子どもとのお出かけレポート(口コミを含み体験日記)

幼稚園への送迎、園参観のメリットデメリット

幼稚園入園前は「送迎、大変だな」と思っていました。
しかし今では送迎が大切な時間になっていることも。
幼稚園は何かと母の出番も多いですが、その代わりにメリットも多いと思うのです。


◆バス登園、母の送迎。それぞれのメリット・デメリット

バス登園はやはり母の負担は減ると聞きます。
ただ幼稚園の様子がよく分からない、他のお母さんたちとの交流が少ない点も。
送迎ルートによっては、平均よりも早く帰ってくるご家庭もあれば、平均よりも遅くて
ちょっとお得!と感じるご家庭もありまちまちの様子。

母の送迎の場合、雨でも寒くても送迎しなければいけません。
家から遠い人は特に大変ですね。
都内であれば電動子乗せ自転車は必須アイテム。
お子さんが3人いて、最後のお子さんだったりすると「もうあと少しだから」と
普通の自転車で頑張っているお母さんもなかにはいらっしゃいますが。

他のお母さんとも毎日顔を合わせるので、憂鬱と思っていましたが
捉え方次第だと最近は感じています。家の方向が同じママは会う機会も多いため、
話したり一緒に帰る機会も増え、自然と仲良くなりました。

子どもが出てくるまでのちょっとした時間で、母同士おしゃべりしたり、
他の子の様子はどうだなんて情報交換できるので、「待ち時間だるー」と思わず
「この時間を有効に使おう」と考えてみると楽しくなるのではないかと思います。



◆幼稚園参観のメリット・デメリット

子どもが園で過ごす様子を見学できる「参観」。
面倒くさいと思う方も多いかもしれませんが、私は毎回「気づき」があって重宝
しています。先日は子どもたちと一緒にお昼を食べました。
うちの園はおしぼりを持っていく事があるのですが、私はおしぼり入れにいれて子どもに持って行かせていました。しかし周りの子を見ると、みんなおしぼり入れ容器を使わず、ビニール袋などに入れています。なんでなんだろう?と考えてみたところ、まだ子どもは自分でおしぼり入れを開けられないということが発覚。

また、我が子は園では左利きでご飯を食べていることが分かりました。

「食べるペースなど遅いのかな?」とも不安に思っていましたが、とにかくおしゃべりが止まらない子、たべこぼしてしまう子などいろいろいて、自分の子どものできている点にも目を向けることができるいい機会だったと思います。

特に、1人っ子の場合は子育ても初めて、他の子と比べる機会もないので「母の理想」が子育ての目標になり、できていない点ばかり目がいってしまいます。参観でぜひ我が子のできる点に目を向けてみることをおすすめします。

 

デメリットは「せっかく子どもを預けているのに自分の時間がもったいないな」と
感じてしまう点くらいでしょうか。私の周りでは2年目、3年目となると「園参観、今年はいいや」とパスしてしまうお母さんが多いのですが、去年と今年では子どもの遊び方も全然違って驚きます。家とは違う子どもの姿を見て「頑張っているんだな」と感じることができることはもちろん、普段はちょっと頼りないかしら?と思っている先生たちが奮闘する姿にぐっとくることも。物は試しに行ってみると面白いです。