愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児についてです。

療育やり過ぎの弊害?

「療育回数をもっと増やしたい」と焦っていた時期もありましたが、
今は気持ち的に落ち着いています。

 

周りを見ると毎日のように療育に通っているご家庭もあります。
自治体によって制度がまちまちのため、通い放題のようになっている
自治体もあるからです。

 

ただ傍からみて感じるのは、子どもがイライラする、すぐキレるのは
療育のやりすぎで疲れているのも一つの要因では?と思うこともあるということ。

ママは送迎、待機またはグループミーティングなどありますが何より子ども本人は

知育的なことをやったり、苦手なことを頑張ったり。何より

とても頑張っているということ!

 

ぜひお子さんをたくさん褒めるとよいかと思います。


療育に通っているママでも「あまり子どものことを褒めていないな」と
思うママもいます。そのお子さんのことをちょっと褒めてあげると、
とても本人は喜んで、機嫌が悪いのも吹っ飛んでいる子もいます。


「自分的には十分褒めているつもり」という方でも、

 

・・・例・・・

・「やめて」と言った行為をお子さんがやめたら褒める

・お友達におもちゃを譲ったら褒める


など実は褒めるタイミングはたくさんあるんですよね。
これをやるだけで、子どものそのあとの行動はかなり変わってきます。

(私自身、実感としてあります)

 

また、

「〇〇しなかったら〇〇できないよ」
という言い方をするママも未だに多いですが、
「〇〇できたら〇〇しようね」と言うようにした方が断然良いです。

 

細かいですが、子どもへの接し方一つひとつを変えるだけでも

子どもの行動が変わってきます。

療育に通いすぎて、子どももヘトヘト、ママもヘトヘト。

お互いイライラしてぶつかって、喧嘩してだと
時に逆効果のこともあるのかもしれません。

 

通園している子であれば、園に通っているだけでも十分いろいろと
頑張っています。最低でも平日の1日、親子でのんびりできる

時間があるといいのではないかと思います。

 

例えば我が家は年中で療育に行っていますが、終わると帰宅は

18時過ぎ。どうしても寝る時間が早くできず、翌朝機嫌が悪い日も

多いです。そんなときは泣くだけ泣かせてあげてスッキリさせてあげたり、

「昨日頑張ったからご褒美だよ」とご褒美をあげたりすることも。

 

 

24時間真面目に頑張るなんて大人でも無理。

子どもにも気持ちの抜きドコロを意識的に作ってあげたいものですね。