読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛すべきグレー ~ゆっくり君の療育日記など~

療育日記や育児についてです。

半年に1度のモニタリング(療育)

電話で半年に一度、療育の様子をモニタリング(聞き取り調査)
しますと言われていましたが・・・。


ある日、突然電話がかかってきます!!!
(でも後々考えると、療育開始して半年経過した時期でした)

 

私の場合、夕ご飯の調理中だったため


「今????」って感じでした。




担当者の感じがあまりよくなく、いかにも
早く終わらせたい雰囲気満々だったので
ちょっと残念でした。


療育先で困っていること、療育先を変えたいなど
何かあれば言うチャンスでもあります。


私の場合、療育先の人員不足で困っていることがあったので
お伝えしたところ
「名前は伏せたうえで療育先に伝えますね」と
言われました。

 

あからさまに自分だと分かる意見は言わないほうが
いいかもしれませんね・・・。

あくまで聞き取りなので、
相談できる雰囲気ではなかったです。

やはり相談は別途、児相へ!



児童通所支援の更新手続き

児童通所支援の更新手続き。

つまりは療育などの利用の更新手続きということです。

事前にお手紙がきて、希望日を選んで予約。

 

【持ち物】

・申請書
・受給者証
マイナンバー

大抵は母親が行くと思いますが、申請者=夫の契約のため
夫の免許証とマイナンバー(夫と子ども)を持って行きました。

 

電話では「早めに来て!」と言われたので、
早く行けばその分、早く終わるのかと思っていましたが。

「時間まで待ってて」と言われました;;;


【更新手続きの流れ】
まず申請書を提出して、そのあと面談の流れです。
予定時間ほぼきっかりに終わりました。

子どもを連れてくることもできますが、同席させる
システムでした。(絵本やおもちゃ1つがテーブルにありました)

 

面談は家庭や保育園・幼稚園での様子を聞かれます。
どんなことが困っているか、まとめておくとよいでしょう。

相談する場所ではないので、何か相談したいことは
児童相談所や担当者に電話するのが適切です。

 

困ったことをいろいろお伝えしましたが
今通っている療育機関と相談してね!とのことでした。

支援計画書にサインして終了です。

 

 

【感想】

面談では子どもの様子を詳しく話すため、
同席はよくないと個人的には思います・・・。
(子どもって話せなくてもどんな話をしているかはよく聞いているし、
理解しているんですよね)


別ブースで職員の人が預かってくれていればいいのになぁ。
我が家は、前日子どもが食あたり?で嘔吐してしまい、
たまたま親に預けていたのでよかったですが。





軽井沢1泊2日子連れ旅行④~軽井沢おもちゃ王国編~



とうとうおもちゃ王国についてのレビューです。
ホテルグリーンプラザからおもちゃ王国は、徒歩10分程度。
ただ子連れとなると、さらに時間をみておくに限ります。
他の家族もそうでしたが、子ども全然歩きません!!

我が家にいたっては抱っこして行ったため、へとへとになりました。
道はスタッフの方に聞くとすぐ教えてくれましたが、まるでハイキングしているような
景色のなか、突然軽井沢おもちゃ王国が現れます。


臨時ゲートの方が近いのですが、普段は開いていないことが多く。
本ゲートはそこからちょっと歩きます。


---------------------------------------------------------------------------------------------------


当日はあいにく雨。
軽井沢おもちゃ王国内は凸凹している部分がけっこうあり、水たまりが
できやすい!スタッフさんが水掃きをしてくれていました。

観覧車がけっこう高く、パパがマジてビビるという案件発生w



GO!GO!キッズトレインは車掌さんが被る帽子をかぶることができるので、
子どもは喜ぶし写真も可愛く撮れます。

園内で謎の虫(蚊よりも大きくて蛾のような・・・でも人生の中で見たことのないような虫!)が大量発生したのは鳥肌ものでした・・・。


プラレールルームは、鉄っ子の天国のような場所でした。
雨だからみんな避難していたため、なかなかの混雑っぷり。
他にもボードゲームルームなど別のエリアにあったので、時間があれば

遊びたかったな。


お昼は園内にあるフードコートのなかから頼んで食べるシステム。
あまり種類はないけど、他に食べるところもないのでしかたないですね。


帰りのバスの時間がイマイチだったので、けっきょくホテルまで歩いて帰りました。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ホテルから軽井沢駅までの帰りの送迎バス。
小さい赤ちゃんがずっと泣いてた~。
くねくねした道だししかたないのよね、と思っていたら
最後、うちの子、嘔吐!

バスを汚さなかったのでよかったですが、肝を冷やしました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

帰り道。
どんどん胃が痛くなる私。
暴飲暴食のせい?と思っていましたが、
後日、胃カメラ逆流性食道炎とびらん性胃炎とのことでした~。

子連れの旅行、楽しいけどなかなか大変でした;;;

 

 

 

◇THE END◇

 

 

writerami.hatenablog.com

 

 

writerami.hatenablog.com

 

 

writerami.hatenablog.com

 

軽井沢1泊2日子連れ旅行③~軽井沢ホテルグリーンプラザ到着編~

ようやくバスがホテル前まで到着!
降りると係の人がスタンバってくれているので、

聞きたいこともすぐ聞けて助かります。

チェックイン手続きは混雑するので代表者のみ。

椅子は少なめなのでお年寄りに譲り、お土産をみたりして時間をつぶします。

それにしてもびっくりなのは入口にpepperくんがお出迎え!

f:id:writerami:20161003174821j:plain



さてさて、手続きも終えさっそくお部屋へ。

 

f:id:writerami:20161003175034j:plain

 

これ、あくまで普通に建物を撮影しただけです。
撮影後に廊下を歩いていて気付いたのですが、建物をよく見ると、
お部屋のカーテンを開けているお部屋はなかなかの丸見え状態!
お部屋の位置によっては気を付けた方がいいと思います。
※断じて盗撮はしていませんよ!!

f:id:writerami:20161003175403j:plain

 

 


廊下を歩いてメゾネットタイプのお部屋へ・・・。
廊下にはヒーターがいくつか設置されています。
冬は寒いんだろうなぁ。
(朝5時すぎ、お風呂に行くときは9月でしたが肌寒かったです)

 

 

メゾネットタイプのお部屋は、1階畳部屋。階段を上って2階はベッド2つが
あります。ただ、小さい子どもにはちょっと危ないと感じる階段・・・。

息子は、階段から「ママー!」と下にいる私を呼ぼうと顔を出したら、
手すりを支える支柱の間から顔が抜けなくなってしまいました!

ベッドは落ちると怖いし、勝手に子供が一人で階段降りても怖いので
1階に布団を引いて寝ました。階段部分は、テーブルや椅子で
バリケードを作成w


2階の窓は一定以上開かないようになっているので、これは安心でした。

f:id:writerami:20161003180057j:plain

 

 

軽井沢ホテルグリーンプラザ 温泉編】
かなり大きめの温泉です。
メゾネットタイプだと別館なので、お風呂までけっこう歩きます・・・。

スリッパが間違えられないように、置き場に目印があるのですが
それでも私は持って行かれました。
そしてスリッパがちょっと古めだったのがざんねん。

 

大浴場に加えて露天風呂が3つもありました!

洞窟になっている露天風呂も。洞窟タイプは怖がって入らない人が多い
印象でした。

着替える場所、ドライヤーの数も非常に多いのでその点は満足でしたよ。
また赤ちゃん用のベビーチェアやボディーシャンプーも数多く用意してあったので
その点も好印象でした。

 

 

 

軽井沢ホテルグリーンプラザ バイキング編】

和洋中バイキングを選びました。
キッズメニューもあり、離乳食も品数が多くてびっくり。
座席数がとにかく多く、常に混雑というかんじでした。

高原レタスやキャベツが美味しかったです!!

びっくりしたのは朝のバイキング。
行列ができる店並みに並んでいて、クレームを言っている方もいました。
朝は早めに食べに行く方がよさそうです。

 

 

チェックアウト間際になるとまたまた大混雑なので、事前のチェックアウトを
おススメされました。事前にしておくとあとは部屋の鍵を指定のカゴにポンと
入れておくだけなので便利でしたよ。




さてさて、ようやく軽井沢おもちゃ王国に突入です!
次につづく~!

 

 

(過去記事はこちらから・・・)

 

writerami.hatenablog.com

writerami.hatenablog.com

 

 

 

 

 

軽井沢1泊2日子連れ旅行②~新幹線→軽井沢ショッピングプラザ→バス編~

前回は、新幹線の切符を買うまでのお話でしたw


ようやく念願の新幹線を見れたというのに、元気なさげの息子。
WHY????
湘南新宿ラインで幸運なことにボックス席に座れたのですが、
進行方向と逆に位置に座ってしまい、酔い気味!!
大失敗でした。


【いざ東北新幹線に乗る!の巻】
大宮駅に来る新幹線。みんなピカピカで見ていて楽しいですね。
そうこうしているうちに乗車時間。

乗り降り時間、あっという間!
せっかちな東京人の私ですら「早っ!」と。

行きは指定席3列のうち2席を取っていました。
ひじ掛けを上に上げれば、余裕で子どもが間に座れたのでちょうどよかった!
グリーン車グランクラスはひじ掛け上がらない)

大宮~軽井沢は約1時間なので、お弁当食べて少し遊んだら
あっという間でした。

最近の新幹線は各座席で充電器使えるんですねー。
パパママそれぞれスマホを充電!充電器がすぐ出しておけるといいですよ。
息子が飽きそうになったのでミニカーを出して、窓際やひじ掛け上で遊ばせ
ました。



軽井沢に到着!プリンスショッピングプラザについて】
涼しいだろうと長袖で出陣。天気がよかったので少し暑いくらいでした。

駅降りてすぐ、軽井沢・プリンスショッピングプラザ!
そちらに行く前に、予約しておいたグリーンプラザまでのバス乗り場を
確認しておくと安心です。

軽井沢・プリンスショッピングプラザは食べるところもたくさんあるのですが、
駅近くの飲食店は高め。お手軽なフードコートはかなり歩いたところにあります。
地図を要チェック!

バス時間までお土産をみて、荷物になるので送ってしまいました。
バス予約時間が迫りダッシュで戻りました。

 

 

 

 

【ショッピングプラザからグリーンプラザまでの予約バス】

運転士さんに名前を告げ、乗車。
席は自由でした。
息子は寝てしまい、ちょうどよかった。
1時間程度で着きました。

山道が多く、くねくね運転が多かったので寝るのにかぎります!




そしてようやく宿泊先に到着!!
宿泊先にはまさかの○○○○がいました!
つづくーーー!

 

軽井沢1泊2日子連れ旅行①~新幹線チケット予約編~

子供が「新幹線に乗りたい!」としきりに言うようになったので
今年の夏の旅行のテーマは「新幹線」。


新幹線で気軽に出かけられるところは?
特にかっこいい新幹線に乗りたいよね・・・というところで選んだのが、
軽井沢」。
なんたって東北新幹線に乗れるからです。

他にもいろんな路線の電車に乗りたいということで、東京駅発ではなく

あえての大宮発にしてみました。

 

 

f:id:writerami:20161003133744j:plain

【新幹線チケットをとるまでが意外と大変!】
普段から出張などで頻繁に新幹線に乗る人なら朝飯前かと思いますが、
自分でチケット取るの初かもしれない・・・。大抵、旅行会社主宰の

新幹線チケット付きの個人ツアーに申し込むことが多かったのです。


しかし、軽井沢おもちゃ王国フリーパスチケット付きでホテル軽井沢グリーンプラザ
に宿泊できるプランがないので今回は自力で。

 

出発時間や座席位置を夫婦で相談して決めたかったため、みどりの窓口ではなく
えきねっと」で。早めに申し込むと割引になるので、早ければ早いほど良し!
(帰りは「得10」という10%引きでチケット購入できました☆)

チケットレスモバイルsuicaで新幹線に乗れるようにするとさらに安いらしいの
だけど、手続きが何かと面倒くさく今回はやめました。


チケット受け取りは新幹線が止まる駅であれば、専用の自動券売機があるので
そこで発券OK。
但し、ネット予約した際に登録したクレジットカードを持って行く必要があるので
忘れないようにしてくださいね。


 
いざ乗車してみると、あんなことこんなことありましたw
続きます!

 

 

療育を通ってみて感じたこと:「療育疲れ」の本当の意味が分かった!


※療育ママ=子どもが療育に通っているママ、ということで

勝手に名付けております

 

 

【療育を通ってみて感じたこと】

・「療育疲れ」の本当に意味が分かった!
→療育では何かと「子どもの状況を伝える場」が多い。

なので普段の生活でも常に問題行動だったり、困ったことを気付く必要がある。

つまり気が抜けない!!
(慣れてくればまた違うのかもしれないが)

 

もはや覚えておく自信がない私は「こ、これは!」という状況があれば

逐一メモをとっている。でもそれはそれで疲れる。

 


→勉強になることも多いがプレッシャーも多い

療育ママ同士で話す機会も多いので、有意義な情報がバンバン入ってくる。

それこそネットで調べたよりも密度の濃い情報。
でもその分、「自分はまだ頑張りが足りないのでは?!」と感じたり
(個人差はかなりあると思うけど)、情報を得たことによってやるべきことが
増えたりもする。


→「自分の時間」がさらに減る

ただでさえ疲れているのに、さらに自分の時間が減る。

余裕がなくなる。子どもを温かい目で見られなくなる・・・。

この負のループ。

 

→人付き合いが苦手なママにとっては負担増?!
療育先の先生、療育ママなど自然に人と会う時間が増える。
「一人でボーっとするのが好き」「コミュニケーションが苦手」

というママにとっては「ママが療育に行くのがつらい」という日も

でてくる。

 

→療育は誰かに頼むことができない

送迎はパパや祖父母にお願いしやすいケースもあるが、療育は

「ママが来るところ」という暗黙の了解がある。どうしても行けなくて代わりに

家族が行ったとしても超アウェー感を味わうことになる。当日の流れや現場でのやり方を一から十まで説明しなければいけないのはかなり面倒。高齢の祖父母などはもはや理解できない。

 


【総括】

療育はただでさえ空きがなく「通えればラッキー」である。

だから通えるならつい頑張ってしまうが、1日きりではない。

継続してママと子だけに負担(もちろん効果もその裏には存在するが)

がある。ぜひパパはそれも理解して、

・早く帰れた日には夕食を買ってきてあげる

・代わりにお皿洗いをする

・ママの話を聞いてあげる

そんなことを積極的にしてほしい。

そしてママは無理せず焦らず。

ツラかったら積極的に休みましょう!

育児はまだまだ先が長いのですから。